2017 08 ≪  09月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 10
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ノッティング・ヒルの恋人
- 2007/06/15(Fri) -
ノッティングヒルの恋人 ノッティングヒルの恋人
トレヴァー・ジョーンズ、 他 (2000/02/17)
ポニーキャニオン
この商品の詳細を見る


『ノッティングヒルの恋人』
原題、Notting Hill
1999年製作英米制作映画
ロジャー・ミッシェル監督、リチャード・カーティス脚本

ロンドン西部のノッティング・ヒルを舞台に、冴えない書店主とハリウッド女優の恋愛を描く
ラブ・ストーリー

ストーリー ネタバレ注意
バツイチのウィリアムはロンドン西部のノッティング・ヒルで旅行書専門の書店を営んでいる。
大して儲かる店ではないが、ある日どこかで見たような女性が訪れる。
それはハリウッドのスター女優のアナだった。
ウィリアムに勧められた本を買ったアナは微笑んで店を去るが、
そのすぐ後に飲み物を買いに出たウィリアムと街角で衝突、アナの服が汚れてしまう。

イギリス風のコメディの要素が入った恋愛映画です。
ヒュー・グラントのとぼけた感じがいけてます。
友人達の友情が素晴しいです。
ロンドンのノッティング・ヒルに行ってみたくなりました。


キャスト
ヒュー・グラント;ウィリアム
ジュリア・ロバーツ:アナ・スコット
リス・エヴァンス:スパイク、ウィリアムの同居人
ティム・マッキナリー:マックス、ウィリアムの友人
ヒュー・ボネヴィル:バーニー、ウィリアムの友人
ジェームズ・ドレイファス:マーティン、ウィリアムの店で働いている
ジーナ・マッキー:ベラ、マックスの妻でウィリアムの友人
エマ・チャンバース:ハニー、ウィリアムの妹
ミーシャ・バートン(12歳の頃)

主題歌
「She」:エルヴィス・コステロ

メモ
ウィリアムが住んでいた青いドアの家は、以前リチャード・カーティスが住んでいた所。
有名な青いドアは実際にあったが、現在はない。
映画の公開後に、家を見に来る人があまりに多く、
またペンキを剥がして持っていく不届きな人もいたので、
嫌気がさした家主がオークションにかけて売ってしまったという。

ヒュー・グラント Hugh Grant, 1960年9月9日生
イギリスの俳優
本名: Hugh John Mungo Grant
ロンドン出身

オックスフォード大学で英文学を専攻し、大学在学中、オックスフォードの映画協会が製作した半ばキャンペーン・ムービーの色あいの濃い『オックスフォード・ラブ』に出演。これが契機となって俳優としてのキャリアをスタートさせた。卒業後は友人と劇団を設立。ヨーロッパを拠点にTVなどにも手を広げたが、1987年の『モーリス』のヒットによって世界的に知られるようになった。特に日本ではイギリス美男スターの一人として注目され、彼の低迷期も日本のファンからの声援は変わることなく盛んだったという。
人気
清潔感あるスマートな青年像、屈折味を帯びている悩めるインテリ役を得意とし、ダメ男役をやらせたら世界一という声もある。社会問題にもなった『モーリス』の影を引きずるような活動がしばらく続く。暫くは地味な活動をしていたが1990年代に入りオスカーにノミネートされた『フォー・ウェディング』に代表されるロマンティック・コメディの主人公として欠かせない存在感を確立。世界中、全ての世代の女性から愛される男優のひとりとして親しまれる。
仕事のオファーが後を絶たず、2000年代に入っても主演作が年1~2本というコンスタントなペースで活躍を続けている。これは絶え間ない人気の現れである。
出演作品
主演代表作には『ベンガルの夜』、『泉のセイレーン』、『ウェールズの山』、『恋するための3つのルール』、『白蛇伝説』、『フォー・ウェディング』が挙げられる。TV作品では1989年『また会う日まで』で悪役に挑戦、93年の『君が眠るまえに』では同性愛とエイズという現代病と社会問題に取り組んだ。また劇場未公開(ビデオ化され日本上陸)の1990年『即興曲/愛欲の旋律』では、ポーランドが生んだロマン派の大作曲家フレデリック・ショパンに扮し、ショパンがのり移ったかのような名演を披露。イメージと重なるほどの演技は高い評価を得た。

* 1987年『モーリス』(Maurice)
* 1988年『青い夜明け』(The Dawning)
* 1988年『ベンガルの夜』(La Nuit Bengali)
* 1988年『ケン・ラッセルの白蛇伝説』(The Lair of the White Worm)
* 1988年『幻の城/バイロンとシェリー』(Rowing with the Wind)
* 1990年『スピリット/傷だらけの栄光』(The Big Man)
* 1990年『即興曲/愛欲の旋律』(IMPROMPTU)
* 1991年『君が眠るまえに』(Our Sons)
* 1992年『赤い航路』(Bitter Moon)
* 1993年『泉のセイレーン』(SIRENS)
* 1993年『日の名残り』(The Remains of the Day)
* 1994年『フォー・ウェディング』(Four Weddings and a Funeral)
* 1995年『いつか晴れた日に』(Sense and Sensibility)
* 1995年『ウェールズの山』(The Englishman Who Went Up a Hill But Came Down a Mountain)
* 1995年『9か月』(Nine Months)
* 1995年『恋の闇 愛の光』(Restoration)
* 1996年『ボディ・バンク』(Extreme Measures)
* 1999年『ノッティングヒルの恋人』(Notting Hill)
* 1999年『恋するための3つのルール』(MICKEY BLUE EYES)
* 2000年『おいしい生活』(SMALL TIME CROOKS)
* 2001年『ブリジット・ジョーンズの日記』(Bridget Jones's Diary)
* 2002年『トゥー・ウィークス・ノーティス』(Two Weeks Notice)
* 2002年『アバウト・ア・ボーイ』(About a Boy )
* 2004年『ラブ・アクチュアリー』(Love Actually)
* 2004年『ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12ヶ月』(Bridget Jones: The Edge of Reason)
* 2006年『アメリカン・ドリームズ』(American Dreamz)
* 2007年『ラブソングができるまで』(Music and Lyrics)


ジュリア・ロバーツ
Julia Roberts、本名 Julie Fiona Roberts、1967年10月28日生
アメリカ合衆国ジョージア州アトランタ出身の女優
身長175cm。
兄エリック、姪のエマ・ロバーツも俳優
プロフィール
高校卒業後にニューヨークに出て演劇学校に通いながらオーディションを受ける日々を送る
1988年に映画デビューし、翌年の『マグノリアの花たち』でゴールデングローブ賞 助演女優賞を受賞して注目される(初のアカデミー賞候補にもなった)
そして1990年、リチャード・ギアと共演した『プリティ・ウーマン』で、エレガントに変身するコールガールを演じ、彼女の当たり役となる
映画は大ヒット、彼女自身もアカデミー賞にもノミネートされ、スターの座をつかむ
2001年には『エリン・ブロコビッチ』で同賞の主演女優賞を受賞
現在、彼女の映画一本当たりの出演料はハリウッド女優トップクラスの2000万ドル以上と言われている
2006年に出産後初の仕事としてブロードウェイの舞台作品『Three Days of Rain』に出演し、ブロードウェイ・デビューを果たした
舞台俳優ではない彼女に対する劇評は芳しくなかったが、チケットは最初の週だけで驚異的な売り上げを記録し、商業的には大成功している
主な出演作品
* ミスティック・ピザ Mystic Pizza (1988年)
* マグノリアの花たち Steel Magnolias (1989年)
* プリティ・ウーマン Pretty Woman (1990年)
* フラットライナーズ Flatliners (1990年)
* 愛がこわれるとき Sleeping with the Enemy (1990年)
* フック Hook (1991年)
* ペリカン文書 The Pelican Brief (1993年)
* プレタポルテ Prêt-à-Porter (1994年)
* アイ・ラブ・トラブル I Love Trouble (1994年)
* 愛に迷った時 Something to Talk About (1995年)
* 世界中がアイ・ラヴ・ユー Everyone Says I Love You (1996年)
* マイケル・コリンズ Michael Collins (1996年)
* ジキル&ハイド Mary Reilly (1996年)
* 陰謀のセオリー Conspiracy Theory (1997年)
* ベスト・フレンズ・ウェディング My Best Friend's Wedding (1997年)
* グッドナイト・ムーン Stepmom (1998年)
* プリティ・ブライド Runaway Bride (1999年)
* ノッティングヒルの恋人 Notting Hill (1999年)
* エリン・ブロコビッチ Erin Brockovich (2000年)
* オーシャンズ11 Ocean's Eleven (2001年)
* ザ・メキシカン The Mexican (2001年)
* アメリカン・スウィートハート America's Sweethearts (2001年)
* コンフェッション Confessions of a Dangerous Mind (2002年)
* フル・フロンタル Full Frontal (2002)
* モナリザ・スマイル Mona Lisa Smile (2003年)
* クローサー Closer (2004年)
* オーシャンズ12 Ocean's Twelve (2004年)
* シャーロットのおくりもの Charlotte's Web (2006) 声
受賞
* 1990年:『マグノリアの花たち』でゴールデングローブ賞
* 1991年:『プリティ・ウーマン』でゴールデングローブ賞
* 2000年:『エリン・ブロコビッチ』でアカデミー賞、ゴールデングローブ賞、British Academy Awards、National Board


出典: Wikipedia
公式サイト




スポンサーサイト
この記事のURL | 映画・恋愛 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<リトル・ブッダ | メイン | フォレスト・ガンプ一期一会>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://mimi81.blog105.fc2.com/tb.php/8-26a6f47c
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。