2017 01 ≪  02月 12345678910111213141516171819202122232425262728  ≫ 2017 03
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ヨーロッパ旅行Ⅲ  *~スペイン・マドリード③~*
- 2008/08/23(Sat) -
マドリードの街並みです。
2008旅行78

もう40度を越えていましたが、東京のように茹だる様な暑さではありません。カラッとしています。
3日目の今日は、残り2つの美術館めぐりです。今回、本当にホテルには恵まれまして、朝からシャンパンは飲めるし、歩いて5~10分に三大美術館が位置しているので、助かりました。


ティッセン・ボルネミッサ美術館

Museo de Thyssen Bornemisza

ティッセン・ボルネミッサ美術館

ティッセン・ボルネミッサ美術館
Museo de Thyssen Bornemisza
個人コレクションとしては、イギリスのエリザベス女王に継いで世界第二位の規模を誇っていますが、
ティッセン・ボルネミッサ男爵は亡命スイス人で5番目の奥様がカルメンといい、スペインの方らしいので、スペイン政府にコレクションを買い取ってもらったみたいです。ドイツ人のお父様と親子二代で収集されたそうですが、本当に個人の収集なのかと目を見張りました。10年位前はスイスの邸宅で公開されていたようです。
中世から現代まで、ヨーロッパ美術の流れを辿れるようになっています。
作品としては、ギルランダイオの「ジョヴァンナ・トルナブオーニの肖像」、エル・グレコの「受胎告知」、
カラヴァッジオ、マネ、ゴッホ「オーヴェルの風景」、ドガ「緑の服の踊り子」、
ルノアール「庭で日傘をさす女」、ミロ、ピカソ、
ダリ「目を覚ます1秒前、ザクロの実の周りを1匹の蜜蜂が飛び回ったために見た夢」、
アメリカの近代絵画等です。
アメリカのネイティブ・インディアンの絵とかスペインで観るなんて、なんか不思議な気分でした。
月曜日は休館なのでご注意下さいね。


2008旅行71
ティッセン・ボルネミッサ美術館の後は、また徒歩10分位で、前日行った、アトーチャ駅の近くにある、ソフィア王妃芸術センターへ



ソフィア王妃芸術センター

Museo Nacional Centro de Arte Reina Sofia
ソフィア王妃美術センター
ソフィア王妃美術センター

現代美術の殿堂だそうですが、シュールレアリズム、キュービズムの作品が一杯です。
ソフィア王妃は、現王妃の名前だそうです。
ピカソの「ゲルニカ」が、プラド美術館から移されたそうですが、圧巻です。たくさん下書きがしてあった作品なのがよくわかりました。
作品としては、ピカソ、ダリ、ミロ、グリス、タピエス等ですが、
映画「アンダルシアの犬」やルイス・ブニエルの映画が上映されていました。前衛ですね。
日曜日は14:30までですが、日曜日だけ無料になります。


2008旅行73

お昼は、美術館の近くのテラスで食べました。
私は、まだまだ時差ボケで食欲がなくて、コーラを飲んでいました。マドリードとトレドだけかもしれませんが、コーラにはいつもレモンが入っていました。ただでパエジャ(パエリア)が付け合せで出てきました。
ウェイターのお兄さんが、日本語で話しかけてきて、日本のアニメや漫画が好きでいつか日本に行きたいって話していましたが、私には、彼が言う「ペック」という漫画かアニメのことがわかりませんでした。どなたかご存知ですか?

2008旅行74



サンティアゴ・ベルナベウ・スタジアム

Estadio Santiago Bernabeu

さて、昨夜のフラメンコが響いてきたのか、スペインの習慣に馴染んだのか(苦笑)
ここで、私はシエスタしました・・・なので主人と子供だけで、サッカー・スタジアムと、夜の闘牛のチケットを取りに出掛けていきました。

2004旅行81

2008旅行82

結構地下鉄を乗り換えたみたいですが、10号線サンティアゴ・ベルナベウ駅すぐにあります。
レアル・マドリードの本拠地です。スタジアムの中を見学出来るみたいです。
この時期はサッカー・シーズンじゃなかったので試合を見ることが出来ませんでしたが公認グッズが売られていたり、シーズン中は練習風景も見られるらしいです。



闘牛

Corrida de Toros

スペインの国技、闘牛です。
夏はだいたい19:00位から始まります、といっても全然外は明るいです。

2008旅行792008旅行80
ラス・ベンタス闘牛場
Plaza de Toros de las Ventas
スペインには500を越える常設闘牛場があるそうですが、ここは第1級の格付けだそうです。
地下鉄2/5号線ベンタス駅からすぐです。

2008旅行852008旅行90

2008旅行92-2 2008旅行94-2

2008旅行96-2 2008旅行96-2

2008旅行105

2008旅行118

2008旅行113

2008旅行136

一回の闘牛で6試合やります。途中で帰るとスペイン人達がとても怒りますので、皆さん6試合全部観るようにして下さい。吹奏楽の演奏があって、本日の主催者の挨拶があり、始まります。
どれだけ牛を苦しませないようにするか。腕の見せ所です。
牛は闘牛士(マタドール)が自分で購入して出場するのだそうです。頑張って、貯金して牛を購入しても、人気がなかったり主催者が「うん」と云わなければ出場させてもらえないそうです。
全国で約500の常設闘牛場があるそうですが、ある地方に、たった一人だけ日本人のマタドールがいらっしゃるそうです。昔、バレエをやっていて、足を負傷してバレエを断念し、闘牛士になったそうです。ご自分の闘牛を演技とおっしゃるのだそうです。
闘牛って実際観ると、とても熱いものがあります。やはり上手いマタドールっているんですね。
違います。牛が苦しまないです。
どうか皆さんも一度観る機会があったら、ご覧になって下さい。


2008旅行178

これで、スペイン編は終わりです。
闘牛を観た次の日に、○越スペイン・マドリード店に寄ってから、ハラバス国際空港へ向かい、
イギリス・バーミンガム空港に飛び立ちました。イングランドのコッツウォルズ地方へ向かう為です。
次のエントリーは皆さんお待ちかねのコッツウォルズになります。

スポンサーサイト
この記事のURL | 旅行 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<ヨーロッパ旅行Ⅳ *~イギリス・コッツウォルズ地方チッピング・カムデン①~* | メイン | ヨーロッパ旅行Ⅱ *~スペイン・マドリード②&トレド~*>>
コメント
はじめまして! -
Mimiさん

Mimiさんの素敵でnformativeなブログとは
天の地の差のブログだというのに
私のブログへのご訪問ありがとうございました!
そして、的確なアドバイスに心から感謝です☆

ヨーロッパ旅行のお写真があんまりすてきで
見とれてしまいました(笑)。
次は私の大好きなイギリスからということなので
楽しみにしています!
2008/08/24 15:36  | URL | Kaz #QazNhuME[ 編集] |  ▲ top

★Kazさんへ -
まぁ、Dr.Kaz!いらっしゃいませ♪
博士課程修了おめでとうございます★
実は、あずきさんやはちみつココアさんのブログから度々お邪魔していました。
お一人で異国の地で頑張っていらっしゃるなぁ、って秘かに応援していたんですよ♪こちらのリンクにTWITETTAさんとおっしゃる方が、今はシアトルなんですが、この間まで、奥様がシカゴGSB、旦那様がノースウェスターン大学で修士を取られた方がいらっしゃいます。良かったら覗いて見て下さい♪
Kazさんもイギリスお好きですか?私はなかなかブログを更新しないので、気長に待っていてくださいね!
コメント、ご訪問ありがとうございました★
2008/08/24 17:30  | URL | mimi #tMJS4hz.[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://mimi81.blog105.fc2.com/tb.php/29-71994cf7
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。