2017 08 ≪  09月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 10
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ハワーズ・エンド
- 2007/07/12(Thu) -
ハワーズ・エンド ハワーズ・エンド
アンソニー・ホプキンス (2001/07/10)
角川エンタテインメント
この商品の詳細を見る


ハワーズ・エンド
原題:Howards End
1992年英米
ジェームズ・アイボリー監督作品
E.M.フォースター原作
1910年出版

20世紀に転換する中でのイギリスにおける階級関係を描いた作品。アイボリー作品らしく映像と音楽のマッチングが秀逸。まるで輪廻を思わせるような話の展開。これは、これで良い作品なのではないでしょうか。


マーチャント・アイボリー・プロダクション
・プロデュース
フォースター三部作の三作目
(眺めのいい部屋in 1985 、 モーリス in 1987)


1992年第65回アカデミー賞主演女優賞
                     脚色賞
                     美術賞  受賞

1992年第45回カンヌ国際映画祭 45周年記念賞 受賞
1992年第50回ゴールデングローブ賞 女優賞受賞



ストーリー ネタばれ

物語は二十世紀の初めのイギリスで起こる。それは、三つの社会階級に置き換えられる三つの家族についての話である:上流の資産家のウィルコックス家;啓蒙的な中産階級のシュレーゲル姉妹;そして下層階級のバースト家。フォースターは、しかし、小説は貧民についての話ではないと明言している。映画では、「誰が英国を継承するのか?」と問いかけ、人から人へと渡る、ハワーズ・エンドの相続権を通して、その問いに答えている。

映画の最初に、年下の妹、ヘレン(ヘレナ・ボナム・カーター)が、早々にウィルコックスの年下の弟、ポールと婚約してしまう。次の日、互いに間違いだったと理解し婚約を破棄するが、ヘレンは家族に婚約の報告の手紙を出してしまった後だった。伯母のジュリーがハワーズ・エンドに到着し、若い二人が隠しておきたかった婚約がウィルコックス家の知るところとなった。後日、ウィルコックス家がシュレーゲル家のロンドンの家の近くに家を持ったときに、年上の姉、マーガレット(エマ・トンプソン)は、過日の社会的な恥の為にウィルコックス家を訪れなければならない、と感じる。彼女は女主人のルース・ウィルコックス(バネッサ・レッドグレーブ)と親交を深める。ルースは、義勇農騎兵団の家系から来た家柄の出身で、なのでウィルコックス家はハワーズ・エンドを所有し、彼女がこよなく愛し、イングランドの田舎の象徴としてまた、イギリスの伝統として描かれている。数ヶ月を経て、二人の女性は親しくなり、ルースはマーガレッドの中に自分と同類のものを見出す。賃貸契約がおわった時に、アパートを出なければならないと知ると同時に、もうすぐ自分が病気で死ぬのを知ると、ルースはマーガレットにハワーズ・エンドを遺言で残す。これは、ウィルコックス家の人々を狼狽させ、ルースの正しい判断に基づき見知らぬ人に家を与えるのを拒否してしまう。ウィルコックス家の人々はルースの遺言を書き付けた紙を燃やし、秘密を守ろうとする。シュレーゲル家がハワーズ・エンドに家を見つけてしまわないように、ヘンリー・ウィルコックス(アンソニー・ホプキンズ)は、マーガレットに新しい住まいを見つける手伝いをすると申し出る。その結果、二人は親しくなり、ヘンリーはプロポーズをする。そしてマーガレットは承諾する。

平行して進行するストーリーとして、年下の妹のヘレンの話がある。シュレーゲル家がまだロンドンのフラットに住んでいる間、そしてウィルコックス家が近所に越して来た頃、ヘレンはベートーベンのレクチャーに出ていて、偶発的に、事務員のレオナルド・バーストの傘を持って帰ってきてしまう。彼はヘレンに付いて行き、傘を取り返す。後日、妻のジャッキーがシュレーゲルの名刺を見つけ、浮気をしていると誤解してしまう。嫉妬から彼女はシュレーゲル家を訪れるが、姉妹が傘事件の後、レオナルドをすっかり忘れてしまっており、恥ずかしい思いをして去る。レオナルドは謝罪の為に家に取って返し、お茶の時間の間、姉妹は彼に、彼らが共有できる感傷と文学を通して彼によりよく夢を持たせられる事に気付く。彼らは彼の多くを改善する計画を立て、レオナルドの金銭的な立場についてヘンリーにアドバイスを求める。ヘンリーはレオナルドは倒産するから保険会社を辞めるように忠告する。レオナルドはそうするが、そのアドバイスは早まったもので、より悪い立場へと追いやり、最後には失業してしまう。

この二つの話の筋はヘンリー・ウィルコックスの娘の結婚パーティで一つになる。ヘレンはバースト夫妻が飢えているのを知ってパーティに連れてきた。ジャッキー・バーストは酔っ払い、マーガレットの気を引き、そして彼女が誰か知っているヘンリーに近ずいた。ジャッキーはヘンリーを認め、過去数年に渡り、不倫の関係にあった事と、彼女が生きる為に売春をしていた事が明らかになった。恥をかかされ、ヘンリーは婚約を破棄するが、晩に仲直りし、彼の性的な不正と不貞を許すのだった。マーガレットはヘレンにバースト夫妻遠のけるよう主張し、ヘンリーの願いとプライドにより彼らを助けるのを拒否した。

これらにより、シュレーゲル姉妹は離れさまよう。ヘレンはレオナルドと共に過ごすようになり、ロマンチックは場面でボートの上で牧歌的な時を見る。この後、ヘレンはマーガレットから離れ、連絡もまばらになり、マーガレットを困惑させる。数ヵ月後、ヘレンは自分の所持品の為戻ってくる、将来ドイツに向かうつもりで。彼女は、ハワーズ・エンドに一晩とめて欲しいと、誰とも連絡を取りたくない為に、頼む。しかし、ヘレンがレオナルドの子供を宿し手いる事が明らかになる。レオナルドはこの事を知らない。ヘンリー・ウィルコックスがこの事を知ったとき、ヘレンが家にいてはいけないと主張し、責任のある男を見つけ出し、彼女を辱めた罰を受けなければならにと言った。
マーガレットとヘンリーは性的な礼節の適応の指針の違いについて激しく議論し、マーガレットはヘンリーと別れるといった。マーガレット、レオナルドと年上のウィルコックスの息子のチャールズは皆、ハワーズ・エンドへ別々の道を行き、最後に悲劇的に展開する。

結局、ルース・ウィルコックスの願いは聞き届けられる:ヘレンは最後には、ハワーズ・エンドのオーナーとなったマーガレットと和解し、そこで息子を跡継ぎとして育てる。映画、小説両方とも、最後のハワーズ・エンドの所有者は、イギリスにおける新しい階級の関係の象徴である:新しい産業の富(ウィルコックス家)が政治的に改革された自由主義(シュレーゲル家)と結婚し、低層階級の子供達に利益を生むという。


キャスト

* Anthony Hopkins アンソニー・ホプキンス- Henry Wilcox
* Vanessa Redgrave バネッサ・レドグレーブ- Ruth Wilcox
* Helena Bonham Carterヘレナ・ボナム・カーター - Helen Schlegel
* Emma Thompsonエマ・トンプソン - Margaret Schlegel
* James Wilby - Charles Wilcox
* Samuel West - Leonard Bast


エマ・トンプソン(Emma Thompson, 1959年4月15日生 )
イギリス・ロンドン出身の俳優
父親は舞台演出家、母親は女優のフィリダ・ロウ
妹のソフィーも俳優
ケンブリッジ大学在学中に劇団を結成し注目される
卒業後、BBCラジオやコメディ・ツアーに参加し、数多くの舞台にも立った
1993年には『ハワーズ・エンド』でアカデミー主演女優賞を、
1995年の『いつか晴れた日に』でアカデミー脚色賞を受賞している

1995年にケネス・ブラナーと離婚している
「いつか晴れた日に」で共演した俳優のグレッグ・ワイズ(ウィルビー役)と2003年に再婚

出演作品
* ヘンリー五世 Henry V (1989)
* 愛と死の間で Dead Again (1991)
* ピーターズ・フレンズ Peter's Friends (1992)
* ハワーズ・エンド Howards End (1992)
* 日の名残り The Remains of the Day (1993)
* 父の祈りを In the Name of the Father (1993)
* から騒ぎ Much Ado About Nothing (1993)
* いつか晴れた日に Sense and Sensibility (1995) エリノア役
* キャリントン Carrington (1995)
* ウィンター・ゲスト The Winter Guest (1997) 母フィリダ・ロウと共演
* パーフェクト・カップル Primary Colors (1998)
* ラブ・アクチュアリー Love Actually (2003) カレン役
* ハリー・ポッターとアズカバンの囚人 Harry Potter and the Prisoner of Azkaban (2004) シビル・トレローニー役
* ナニー・マクフィーの魔法のステッキ NANNY MCPHEE (2005)
* 主人公は僕だった Stranger Than Fiction (2006) カレン・アイフル役
* ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 Harry Potter and the Order of the Phoenix (2007) シビル・トレローニー役


サー・フィリップ・アンソニー・ホプキンス CBE(Sir Philip Anthony Hopkins CBE, 1937年12月31日生 )
イギリス出身のアメリカ合衆国の俳優

経歴・人物
ウェールズ州マーガムの港町ポート・タルボットで生まれる
パン屋の一人息子だったが、ティーンエイジャーの頃から演じることに興味があった
ウェールズの演劇学校で学んだあと、陸軍に入隊。
除隊後に再びロンドンのロイヤル・アカデミー・オブ・ドラマティック・アートで演技を学び、
舞台俳優としてキャリアをスタートさせた。
「演技というものは絵空事であって、その要素はすべてシナリオの中にある」というのが持論で、
どのような役であっても特別にリサーチして演じることはないとされる。
これは役柄の徹底的なリサーチに基づいたリアリティを追求する
ロバート・デ・ニーロなどの演技スタイルと対極にあるともいえ、
デ・ニーロ等のアプローチを批判し「馬鹿げている」と罵ったことでも有名。
その持論ゆえ、台本のチェック・暗記は徹底的に行い、
撮影の際にはきわめて自然で役柄本人になりきっているかのような卓越した演技力を発揮する。
舞台で培われた卓越した重厚感、気品と知性溢れる存在感は映画においても如何なく発揮され、
1968年『冬のライオン』、1974年『人形の家』、1978年『インター・ナショナル・ベルベット』などが代表作となる。
1980年には、デイヴィッド・リンチ監督作品『エレファント・マン』にドクター役で主演。
日本で一般的に知られるようになるのはこの頃からである。
『羊たちの沈黙』で演じたハンニバル・レクター博士の役で一躍有名となり、
この作品でアカデミー主演男優賞を受賞した。
その後も続編である『ハンニバル』、『レッド・ドラゴン』で同じ役を演じている。
ちなみにハンニバル・レクターのイメージに反し、アンソニー本人はベジタリアンである。
『8月の誘惑』では監督業にも進出した。
3度結婚していて、最初の妻との間に娘が1人いる。
また、彼はイギリスから1987年にコマンダーに、また1993年にはナイトに叙勲されており、
名実ともに現代を代表する名優の一人となった。
現在はロサンゼルスに住み、2000年にはアメリカの市民権を得ている。
何月何日が何曜日だったかという、日付と曜日を即座に計算できる特技を持つ。
主な出演作品
* 冬のライオン The Lion in Winter (1968年)
* 遠すぎた橋 A Bridge Too Far(1977年)
* エレファント・マン The Elephant Man(1980年)
* 羊たちの沈黙 The Silence of the Lambs(1991年)
* ハワーズ・エンド Howards End(1992年)
* 日の名残り The Remains of the Day(1993年)
  * 8月の誘惑 August(1996年)
* アミスタッド Amistad(1997年)
* ジョー・ブラックをよろしく Meet Joe Black(1998年)
* ミッション:インポッシブル2 Mission: Impossible II (2000年)
* ハンニバル Hannibal(2001年)
* アトランティスのこころ Hearts in Atlantis(2001年)
* レッド・ドラゴン Red Dragon(2002年)
* 白いカラス The Human Stain(2003年)
* プルーフ・オブ・マイ・ライフ Proof (2005)
* オール・ザ・キングスメン All the King's Men (2006)
* ボビー Bobby (2006)


出典: Wikipedia
スポンサーサイト
この記事のURL | 映画・ヒューマンドラマ | CM(4) | TB(0) | ▲ top
<<ギフト | メイン | レント>>
コメント
 -
mimiさん、こんにちは&はじめまして!
ステキなページですね☆
コメントどうもありがとうございました!
お返事が遅くなってたいへん申し訳ありません。
リンクの件喜んでお願いいたしまーすe-420
私の方からも是非リンクさせてくださいませe-75
リンクが終わったらまた遊びにきますね。
では今後ともよろしくお願いしますv-290
2007/07/12 22:44  | URL | tess #3gljg5Go[ 編集] |  ▲ top

 -
tessさん、わざわざお越し頂いて、ありがとうございます!
覚書にしている所なので面白くないとは思います。
すみません。
リンク、ありがとうございます!凄く嬉しいです!
tessさんのブログ毎日楽しみに覗いています。
これからも頑張って下さいね。
2007/07/13 13:00  | URL | mimi #tMJS4hz.[ 編集] |  ▲ top

 -
mimiさん、こんにちは♪
うちのブログに遊びに来てくれてありがとうございます。好きな映画がたくさん紹介されているので、楽しく拝見しています。

エマ・トンプソンさんがトレローニー先生をやっていたって初めて知りました。前作も新作も見たのに気付かなかったです。びっくりしました。あの特徴のある眼鏡と話し方が彼女の演技なんて驚いてます。すごいです。明日もう一度観にいく予定なので、しっかり観てきます(^^)
2007/07/28 15:00  | URL | 月夜野 #ncVW9ZjY[ 編集] |  ▲ top

 -
月野夜さん、こんにちは♪来てくださって、ありがとうございます★
エマ・トンプソンってトレローニー先生なんですよね。それとね、「いつか晴れた日に」のウィルビー役(妹が惚れる男優)の人と結婚したんですよ、現実で。
今回のハリポタ、SWかと思っちゃいました。迫力ありますよね~!しっかり観てきて下さい!
コメント、ありがとうございます♪また、遊びに来てください★
2007/07/29 14:51  | URL | mimi #tMJS4hz.[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://mimi81.blog105.fc2.com/tb.php/11-9abc0973
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。