2017 01 ≪  02月 12345678910111213141516171819202122232425262728  ≫ 2017 03
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
眺めのいい部屋
- 2007/05/19(Sat) -
眺めのいい部屋 完全版 スペシャル・エディション眺めのいい部屋 完全版 スペシャル・エディション
(2004/11/25)
マギー・スミス

商品詳細を見る


原題:A Room with a view
原作 E・M・フォースター(1908年)
1986年3月全米公開
ジェームズ・アイボリー監督


アカデミー賞(第59回)1986年
脚色賞、美術(監督)賞、美術(装置)賞、衣裳デザイン賞  
NY批評家協会賞1986年
助演男優賞 ダニエル・デイ=ルイス、撮影賞 
ゴールデン・グローブ1986年
助演女優賞 マギー・スミス
英国アカデミー賞1986年
作品賞、主演女優賞 マギー・スミス、
助演女優賞 ジュディ・デンチ、プロダクションデザイン賞

出演
ヘレナ・ボナム=カータージュリアン・サンズ
ダニエル・デイ=ルイスマギー・スミス
ジュディ・デンチサイモン・キャロウ

主題歌
プッチーニ オペラ「ジャンニ・スキッキ」
アリア「私のお父さん」

イタリアのフィレンツェに付添い人のシャーロットと共に訪れた英国中産階級の令嬢ルーシーだが、ペンションは予約時の約束と違い中庭に面した部屋だった。同じテーブルで食事していたエマソン親子が自分たちの部屋はアルノ河が見渡せる眺めのいい部屋だから交換しましょうと申し出る。しかし、シャーロットは彼等が見知らぬ男性でしかも身分の違う労働者階級であることから丁重に断る。退出すると同じ教区の神父がおり、彼からそれを受け入れるよう促され、受け入れる。翌日、一行は馬車で郊外にピクニックに行くが、ルーシーは皆からはぐれた時、エマソンの息子ジョージから熱烈なキスを奪われる。それを知った後見人のシャーロットは旅行を中断し、急遽帰国する。
その後、ルーシーは上流階級の青年セシルと婚約する。セシルはロンドンで知り合ったエマソン親子に、近所のコテージが空家だと教えてしまう。エマソン親子が契約してしまい、それを知ったルーシーの弟フレディは神父を連れて挨拶に行き、直感で気の合ったフレディは森の中の秘密の池で水遊びをしようと申し出、三人はそこで全裸で遊び始める。ルーシーは母とセシルの三人で森を散策中に彼等に遭遇してしまい、ルーシーは全裸のジョージに再会する。その後正式にジョージを家に招き、テニスなどに興じるが、それを余所にセシルは読書。読んでいた本はイタリアであった俗物の流行作家ラヴィッシュが自分たちのイタリア旅行をベースにしたものだった。シャーロット以外知らないはずのことが、本になっている事に激怒したルーシーはシャーロットを問詰めると、ラヴィッシュに話したことを認めるのだった…。

フィレンツェ(フローレンス)とイギリス・サリー州の田園風景が美しい恋愛映画の名作。



ジェームズ・アイボリー James Ivory, 1928年6月7日生
アメリカ合衆国出身の映画監督・脚本家

父はアイルランド系、母はフランス人
オレゴン大学で建築とファインアートを学んだ後、南カリフォルニア大学のフィルム・スクールで映画製作を学ぶ
学生時代にインドの細密画についての短篇を制作したが、同じインド人俳優のナレーターを起用していた短篇映画の製作者イスマイル・マーチャントと知り合う
以後マーチャントが死ぬまで公私共にパートナーであった
二人は意気投合し、インドで映画を作ることとなり、
作家ルース・プラヴァー・ジャブヴァーラの英語小説『The Householder』を作家本人の脚色で映画化、1963年に長篇監督デビュー
その後もインドを舞台に英語作品を撮り、第2作『Shakespeare Wallah』(66年/TV放映題『インドのシェイクスピア』)がベルリン国際映画祭の正式出品作品となって評判となり、銀熊賞と女優賞を受賞
1979年、ヘンリー・ジェイムズの小説『ヨーロッパの人々』を映画化した『ヨーロピアンズ』が評判となり、1981年はジーン・リースの自叙伝的小説『カルテット』をイザベル・アジャーニ主演で映画化、彼女にカンヌ国際映画祭主演女優賞をもたらし、共演のマギー・スミスにはイヴニング・スタンダード映画賞の主演女優賞に選ばれる熱演を引き出した
以来、スター俳優が出演を熱望するようになり、1986年の大ヒット作『眺めのいい部屋』ではアカデミー賞3部門を受賞、続く『モーリス』ではヴェネツィア国際映画祭の監督賞を受賞
1991年の『ハワーズ・エンド』ではカンヌ国際映画祭35周年特別賞を受賞
以後も、現代もの、時代ものにかかわらず文化の衝突と違い、選択を迫られるヒロインといった基本的なテーマで作品を作りつづけている。

主な 監督作品

野蛮人たち Savages (1972)
ローズランド Roseland (1977)
ヨーロピアンズ (1979)
カルテット Quartet (1981)
熱砂の日 Heat and Dust (1983)
ボストニアン The Bostonians (1984)
眺めのいい部屋 A Room with a View (1986)
モーリス Maurice (1987)
ニューヨークの奴隷たち Slaves of New York (1989)
ミスター&ミセス・ブリッジ Mr. & Mrs. Bridge (1990)
ハワーズ・エンド Howards End (1992)
日の名残り The Remains of the Day (1993)
ジェファソン・イン・パリ Jefferson in Paris (1995)
サバイビング・ピカソ Surviving Picasso (1996)
シャンヌのパリ、そしてアメリカ A Soldier's Daughter Never Cries (1998)
金色の嘘 The Golden Bowl (2000)
ル・ディヴォース/パリに恋して Le Divorce (2003)
上海の伯爵夫人 The White Countess (2005)

外部リンク
Merchant Ivory Productions




ヘレナ・ボナム=カーター(Helena Bonham Carter)
1966年生イギリス、ロンドン出身の女優
元イギリス首相は曾々祖父、父親は銀行頭取、母親は精神科医、伯父は映画監督
1997年『鳩の翼』LA批評家協会賞(女優賞)受賞
2005年に第18回東京国際映画祭コンペティション部門
『女たちとの会話』最優秀主演女優賞を受賞
現在は映画監督ティム・バートンと暮らし、一男がある
ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』でベラトリックス・レストレンジ役で出演する予定
主な出演作品
眺めのいい部屋 A Room with a View (1986)
ハムレット Hamlet (1990)
ハワーズ・エンド Howards End (1992)
フランケンシュタイン Frankenstein (1994)
十二夜 Twelfth Night: Or What You Will (1996)
鳩の翼 The Wings of the Dove (1997)
PLANET OF THE APES 猿の惑星 Planet of the Apes (2001)
ビッグ・フィッシュ Big Fish (2003)
チャーリーとチョコレート工場 Charlie and the Chocolate Factory (2005)
カンバセーションズ Conversations with Other Women (2005)映画祭題『女たちとの会話』
ウォレスとグルミット 野菜畑で大ピンチ! Wallace & Gromit: The Curse of the Were-Rabbit (2005) 声の出演
ティム・バートンのコープスブライド Corpse Bride (2005) 声の出演


ジュリアン・サンズ(Julian Sands)
1957年生イギリス・ヨークシャー出身の俳優
1980年代の初めにデビュー
1984年、カンボジア内戦を描いた「キリング・フィールド」あたりから注目されはじめる
1986年の「眺めのいい部屋」では、主人公が思いを寄せる、型破りな青年ジョージを演じ、美形英国俳優として人気を集めた
出演作品
キリング・フィールド The Killing Fields (1984)
眺めのいい部屋 A Room with a View (1986)
24 -TWENTY FOUR- 24 (2006) 第5シーズン
最近、めっきり禿げてきている



ダニエル・デイ=ルイス(Daniel Day-Lewis)
1957年生イギリス・ロンドン出身のユダヤ系俳優
父親は桂冠詩人、母親は女優、祖父は映画プロデューサーで、イーリング・スタジオの代表、姉はドキュメンタリー映画の監督
1971年に映画デビュー
舞台に戻りロイヤル・シェイクスピア・カンパニーなどで活躍1982年に再び映画に戻り、
1985年「マイ・レフトフット」でアカデミー主演男優賞を受賞
女優のイザベル・アジャーニとの間に一児あるが、1996年に作家アーサー・ミラーの娘レベッカ・ミラーと結婚
2005年には彼女の監督作品に出演している
一時期、俳優業を休業して靴屋になるためにイタリアで修行していたが、マーティン・スコセッシ監督に説得されて「ギャング・オブ・ニューヨーク」で復帰、アカデミー主演男優賞にノミネート
主な出演作品
マイ・ビューティフル・ランドレット My Beautiful Laundrette (1985)
眺めのいい部屋 A Room with a View (1986)
存在の耐えられない軽さ The Unbearable Lightness of Being (1988)
マイ・レフトフット My Left Foot (1989)
ラスト・オブ・モヒカン The Last of the Mohicans (1992)
エイジ・オブ・イノセンス/汚れなき情事 The Age of nnocence (1993)
ギャング・オブ・ニューヨーク Gangs of New York (2001)

マギー・スミス(Dame Margaret Natalie Smith, DBE)
1934年生イギリスの映画女優
オックスフォード大学演劇科
1956年に映画デビュー
1969年『ミス・ブロディの青春』アカデミー主演女優賞を受賞
これまで2度結婚、男優のトビー・スティーブンスは息子
イギリス王室よりデイムに叙勲
代表作
ミス・ブロディの青春 The Prime of Miss Jean Brodie (1968)
ナイル殺人事件 Death on the Nile (1978)
地中海殺人事件 Evil Under the Sun (1982)
眺めのいい部屋 A Room with a View (1986)
天使にラブ・ソングを… Sister Act (1992)
天使にラブ・ソングを2 Sister Act 2: Back in the Habit (1993)
デビッド・コパーフィールド David Copperfield (1999)
ハリー・ポッターと賢者の石 Harry Potter and the Sorcerer's Stone (2001)
ヤァヤァ・シスターズの聖なる秘密 Divine Secrets of the Ya-Ya Sisterhood (2002)
ハリー・ポッターと秘密の部屋 Harry Potter and the Chamber of Secrets (2002)
ラヴェンダーの咲く庭で Ladies in Lavender (2004)
ハリー・ポッターとアズカバンの囚人 Harry Potter and the Prisoner of Azkaban (2004)
ハリー・ポッターと炎のゴブレット Harry Potter and the Goblet of Fire (2005)
ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 Harry Potter and the Order of the Phoenix (2007)

ジュディ・デンチ(Dame Judith Olivia Dench CH, DBE)
1934年生イギリス・ヨークシャー州ヨーク出身の女優
ロンドンのCentral School of Speech and Dramaで学ぶ
1957年に『ハムレット』のオフィーリア役で舞台デビュー
1961年にロイヤル・シェイクスピア・カンパニーに参加
以後、ウエスト・エンドの舞台にも立ち、6つのローレンス・オリヴィエ賞、トニー賞など数々の賞を受賞し、舞台の演出も手がける
イギリスのテレビにも多数出演している
『ゴールデンアイ』以降の007シリーズでのジェームズ・ボンドの上司3代目「M」でもお馴染み
これまで6度オスカーにノミネート
エリザベス1世を演じた『恋におちたシェイクスピア』で助演女優賞を受賞
出演作品
眺めのいい部屋 A Room with a View (1986)
007 ゴールデンアイ GoldenEye (1995)
ハムレット Hamlet (1996)
007 トゥモロー・ネバー・ダイ Tomorrow Never Dies (1997)
恋におちたシェイクスピア Shakespeare in Love (1998)
007 ワールド・イズ・ノット・イナフ The World Is Not Enough (1999)
ショコラ Chocolat (2000)
007 ダイ・アナザー・デイ Die Another Day (2002)
ラヴェンダーの咲く庭で Ladies in Lavender (2004)
プライドと偏見 Pride & Prejudice (2005)
007 カジノ・ロワイヤル Casino Royale (2006)
受賞歴
1988年イギリス王室から「Dame」の称号を授与
恋におちたシェイクスピア」でアカデミー助演女優賞を受賞
「ヘンダーソン夫人の贈り物」「あるスキャンダルの覚え書き」でアカデミー主演女優賞候補

サイモン・キャロウ(Simon Callow)
1949年生イギリス・ロンドン出身の俳優
映画だけでなく、舞台・テレビでも活躍
ベルファストのクイーンズ大学で学び俳優になるためにロンドンに戻る
1984年の「アマデウス」に出演する前には、舞台でモーツァルトを演じた
ジェームズ・アイヴォリー作品の常連
主な出演作品
アマデウス Amadeus (1984)
眺めのいい部屋 A Room with a View (1986)
モーリス Maurice (1987)
ハワーズ・エンド Howards End (1992)
フォー・ウェディング Four Weddings and a Funeral (1994)
恋におちたシェイクスピア Shakespeare in Love (1998)
オペラ座の怪人 The Phantom of the Opera (2004)

出典: Wikipedia  
    allcenema
公式サイト
スポンサーサイト
この記事のURL | 映画・恋愛 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<レディ・イン・ザ・ウォーター | メイン |
コメント
こちらにも(^ー^) -
mimiさんの記念の映画だったのですね~~☆
沢山の賞を受賞している作品なのですね☆
やはり名作と言われる作品だけありますね。
田園風景も本当に美しいですね。
ジュリアン・サンズの熱烈なキスもステキでしたけれど、
個人的にはダニエル・デイ=ルイスがとってもセシルの役にハマっていて素敵でした~☆

今度「モーリス」も観てみます♪v-290
2008/05/10 13:42  | URL | tess #3gljg5Go[ 編集] |  ▲ top

 -
★tessさん
tessさん、こちらにも♪ありがとうございます。
はい、私が「映画っていいなぁ~★」と初めて感じた記念の映画です(笑)
ジェームズ・アイボリーがプッチーニが好きらしくて、この映画はプッチーニやベートーベンなどの音楽が映画に良くマッチしていて、より映画を際立たせていると感じます。
ジュリアン・サンズ・・・なんか、この後、あまりパッとしなくて・・・禿げてきちゃって・・・。
ダニエル・デイ=ルイスは、この時から、演技が光っていましたね!この人凄いなって思っていて、「マイ・レフトフット」注目して観ていたらアカデミー主演男優賞を取ったので、びっくりしました。
モーリスには、この映画でルーシーの弟役をやった俳優さんが出てきていると思います。観てみてください。
コメント、ありがとうございました★
2008/05/11 17:36  | URL | mimi #tMJS4hz.[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://mimi81.blog105.fc2.com/tb.php/1-8d05c733
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。