2008 03 ≪  07月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2008 08
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
いつか晴れた日に
- 2008/07/10(Thu) -
いつか晴れた日にいつか晴れた日に
(2006/11/29)
エマ・トンプソンヒュー・グラント

商品詳細を見る


いつか晴れた日に
原題:Sense and Sensibility

監督 アン・リー
製作 リンゼイ・ドーラン
脚本 エマ・トンプソン
    シドニー・ポラック
    ジェームズ・シェイマス他
音楽 パトリック・ドイル
撮影 マイケル・コールター
公開 1995年12月13日 アメリカ合衆国
    1996年6月1日 日本
上映時間 136分
製作国 イギリス・アメリカ
言語 英語
制作費 $16,500,000

『いつか晴れた日に』(Sense and Sensibility) は1995年製作のアメリカ・イギリス合作映画である。アン・リー監督。ジェーン・オースティン の「分別と多感」が原作。

エマ・トンプソンが脚本を書いており、アカデミー脚色賞を受賞した。

キャスト
* エリノア・ダッシュウッド(姉)(エマ・トンプソン)Emma Thompson ..... Elinor Dashwood
* マリアンヌ・ダッシュウッド(妹)(ケイト・ウィンスレット)Kate Winslet ..... Marianne Dashwood
* エドワード・フェラース(エリノアが思いを寄せる)(ヒュー・グラント)Hugh Grant ..... Edward Ferrars
* ブランドン大佐(マリアンヌに思いを寄せる)(アラン・リックマン)Alan Rickman ..... Col. Christopher Brandon
* ジョン・ウィロビー(マリアンヌと相思相愛)(グレッグ・ワイズ)Greg Wise ..... John Willoughby
* ダッシュウッド氏(トム・ウィルキンソン)Tom Wilkinson ..... Mr. Dashwood
* ルーシー(エドワードとかつて婚約)(イモジェン・スタッブス)Imogen Stubbs ..... Lucy Steele
* シャーロット・パーマー(イメルダ・スタウントン)Imelda Staunton ..... Charlotte Jennings Palmer
* パーマー氏(ヒュー・ローリー)Hugh Laurie ..... Mr. Palmer



ストーリー  ネタバレ

ダーシュウッド氏が死んだ時、彼の妻と3人の娘達ーエレノア、マリアンヌそしてマーガレットは、相続が一年に500ポンドにも満たない事を知って当惑し、ノーランド・パークの邸宅のほとんどが、前妻の子供であるジョンにいってしまうのだった。ジョンの腹黒くて意地汚い妻のファニーはすぐに彼女と彼女の配偶者を豪華な屋敷に置き、彼女の弟のエドワード・フェラースを招待して、彼らと一緒に滞在させるのだった。彼女は、エドワードとエレノアの間に育まれていく友情のつぼみにくよくよ悩み、関係が進行するのを出来る限り邪魔したのだった。

ダーシュウッド未亡人の従兄弟であるジョン・ミドルトン卿は、デボンシャーの彼の地産から小さなコテージを彼女に提供し、彼女と彼女の娘達はそこに移った。そこで、マリアンヌは彼女に一目惚れをした年上のブランドン大佐と出逢う。マリアンヌの愛情を競っていたが、ジョン・ウィルビーが突進し、彼女の心を盗んでしまった。ブランドンの被後見人がウィルビーの子供をお腹に宿し見つかった時、ウィルビーの伯母であるレディ・アレンは彼から相続権を奪った。ウィルビーはロンドンに移り、その過程でマリアンヌの心を壊した。

ミドルトン卿の義理の母である、ジェニングス夫人は、彼女の娘と義理の息子であるパルマー夫妻を招待し、夫妻は貧しくなったルーシー・スティールを連れてきた。ルーシーはエレノアに5年間、エドワードと秘密に婚約している、と打ち明け、このようにしてエレノアのエドワードとのロマンスに対する望みは打ち砕かれた。ジェニングス夫人は、ルーシーとエレノア、マリアンヌをロンドンに連れて行き、ある舞踏会でウィルビーと出会う。彼らはウィルビーがとてもお金持ちのミス・グレイと婚約していることを知り、そしてエドワードとルーシーの秘密の婚約が明るみ出る。エドワードの母は婚約解消することを要求し、その時、エドワードは拒絶したので、彼の相続は弟のロバートにいってしまった。

エレノアとマリアンヌは、ウィルビーの近くに住んでいるパルマー夫妻の邸宅を訪れた。マリアンヌは彼に会うことを我慢出来なくて、土砂降りの中を5マイルも歩いて彼に会いに行った。その結果、彼女は深刻な病気になり、健康が戻るまでエレノアに看病された。

マリアンヌが回復した後、姉妹は家へ戻った。彼女達はミス・スティールがミセス・フェラースになったことを知り、彼女がエドワードと結婚したのだと考えたが、エドワードが訪れ、彼がミス・スティールを婚約から自由にし、その後彼女は代わりにロバートと結婚したのだと説明した。エドワードはエレノアにプロポーズし、教区司教になり、マリアンヌはブランドン大佐に恋をして結婚したのだった。



製作ノート

エマ・トンプソンは4年をかけて、この脚本を書き上げ、数え切れないほど修正を加えた。彼女はプロデューサーのリンゼイ・ドーランに姉妹をナターシャとジョリー・リチャードソン姉妹(バネッサ・レッドグレープの娘達)にエレノアとマリアンヌを考えて欲しかったが、アン・リーがエレノアはエマ・トンプソンが演じるのだと主張した時、彼女は19歳の女性を演じるには歳を取り過ぎていると、抗議した。リー監督は、役の年齢を27歳に変更して、オールドミスの未婚の女性の苦悩を加えた方が現代の観客には理解し易いだろうと提案した。

いつか晴れた日にはデボン州のサルトラム・ハウス、ベリー・ポメロイの村の教会、コンプトン城そしてプリモスの玉石で舗装されたバービカン通り等の、いくつかの場所で撮影された。ロンドンの撮影場所はストランドのサマーセット・ハウスやグリーンウィッチの国立海事博物館だった。他には、ウィルトシャーのトラファルガー・ハウスやウィルトン・ハウス、サリスベリーのモンペッソン・ハウスやサウス・サマーセットのモンタキュート・ハウスで撮影された。

この映画は予算が16.50百万ドルだった。アメリカでの興行成績としては42.993774百万ドル、海外市場では92百万ドル、合計134百万ドルだった。



批評

ロッテン・トマト・ウェブサイトでは、46の批評の100%がポジティブ・レビューだった。

ジャネット・マスリンのNYTimesのレヴューでは、映画は「雄大で面白く・・・きらめいて、色彩豊かで全く現代と同じ喜劇で・・・エマ・トンプソンは、さわやかで、彼女が有力な女性だあると同時に、かけがえのない賢い脚本家であることを証明している。」

シカゴ・サン・タイムズのロジャー・エバートは、「演劇的でおもしろく」そして「楽しめて、洗練されているが、説得(Persuation)(映画)の様には、どこかしっくりいかない・・・なぜなら「説得(映画)」はシンプルで、より本物らしいが、これは理想的過ぎるからだ」と批評している。

サンフランシスコ・クロニクルのミック・ラサレ(Mick LaSalle)は「活気があり、よく練られている映画で、観客をオープニング・クレジットが終わる前にすでに直感的にとりこにしている・・・台湾人監督のアン・リーは最初、英国文学からの脚色を監督するという、ありえない選択のように見えた。しかし彼はこれを正しいイロニーのバランスと暖かさでやってのけた。結果は、素晴らしい理解と感情的な明瞭さ、自然な優雅さがフィルムに収められている。」と述べている。

San Francisco ExaminerのBarbara Shulgasser は、「なんと壮麗な時間がジェーン・オーステインの小説のこの素晴らしい脚本によってもたらされたのでしょう・・・アン・リーは
興奮もなしに、文学的素材に畏怖の念を抱くフィルムメーカー達を深刻がらせることなく、この砂糖菓子を作り上げてしまったことが何よりの証拠だ・・・彼とトンプソンは信じられる一つの世界をその私達がすでに知っていると感じている馬鹿げた堅さの中に作り上げてしまった。我々は彼らに起こるすべてのことに揺すぶられることもなく興味を持つ。この映画は知的に念入りに練り上げられ、そして、たとえ悪い行いでも最後には人間性を見せるチャンスを与え、それら自身の弱さによって悲しむような、よい精神に満ちている。

Variety誌のトッド・マッカーシー(Todd McCarthy )は「トンプソンの脚本は、劇的な速さの駒割であるにもかかわらず、上品に、そして優雅に礼儀正しく洗練された時間の経過の必要性をきちんと整理された形で維持している。しかしトンプソンとリーはどんなシチュエーションでも常にコメディの可能性を追求しており、高い演技力を持つ俳優達によって助力され、ウィットと高い精神によるアプローチを皆で理解していると考えられる。このような、特にイギリスの時代劇を監督するというリーの選択と、その中での偉大な成功は多大な驚きをもって迎えられた。彼の社会的且つ世代的伝統の対立を脚色する才能は過去にも現れていたが、ここにあるような外国の素材のリーの業績は、誰も期待していなかったことで、『日の名残り』を書いたカズオ・イシグロの映画的なものに匹敵すると肯定的に仮定される。」と観察している。


出典: Wikipedia
スポンサーサイト
この記事のURL | 映画・恋愛 | CM(10) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。