2007 09 ≪  01月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2008 03
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ショコラ
- 2008/01/25(Fri) -
ショコラ【廉価2500円版】ショコラ【廉価2500円版】
(2007/03/02)
ジュリエット・ビノシュ、ジョニー・デップ 他

商品詳細を見る


ショコラ
原題:Chocolat

監督 ラッセ・ハルストレム
原作 ジョアンヌ・ハリス
脚本 ロバート・ネルソン・ジェイコブス

キャスト
*ジュリエット・ビノッシュ Juliette Binoche : Vianne Rocher
*ヴィクトワール・ティビソル Victoire Thivisol : Anouk
*アルフレッド・モリーナ Alfred Molina : Comte de Reynaud
* キャリー=アン・モス Carrie-Anne Moss : Caroline Clairmont
* ジュディ・デンチ Judi Dench : Armande Voizin
* ジョニー・デップ Johnny Depp : Roux 他

「ショコラ」はラッセ・ハルストレム(Lasse Hallström )の監督作品。2000年の映画で、ジョアン・ハリス(Joanne Harris)の小説を元にロバート・ネルソン・ジェイコブス(Robert Nelson Jacobs)が脚色した映画である。「ショコラ」はジュリエット・ビノッシュ(Juliette Binoche)演じる若い母親が、架空の抑圧されたフランスの村、Lansquenet-sous-Tannes に6歳の娘とたどり着き、「La Chocolaterie Maya」という小さなチョコレート菓子屋を開店する。彼女のチョコレート菓子はすばやく村の人々の生活を変え始めた。

映画はフランスのブルグント王国のFlavigny-sur-Ozerain 村と、Beynac県のthe Rue De L'ancienne Posteと、ドルドーニュ県のドルドーニュ川で撮影された。川のシーンは、イングランドのウィルトシャー州のフォントヒル・ビショップ村のフォントヒル湖で撮影された。


ストーリー ネタバレ

先祖のように、ヴィアンヌ・ロチャー(Juliette Binoche)は北風が吹く時、国々をさまよいながら北風に従った。1959年の冬、賢い風は、静かなフランスの村へ彼女を導き、娘のアヌーク(Victoire Thivisol)とともに小さなチョコレート屋を開いた。この店は四旬節の40日間(断食の期間)の間に開店したので、古風な村人達に驚きと懸念をもたらした。

まもなく、ヴィアンヌの深い魅力的なぴりっとしたお菓子は、結婚したカップルに催淫効果を与え、年老いた老人の秘密の恋を励まし、わがままな糖尿病患者に調和をもたらし、長い間、泥酔と口汚い夫とともにいた一人のぎこちない女性を慰めた。それでもなお、敬虔な教区の司祭、ポール・デ・レイナルド伯爵は、ヴィアンヌを道徳心のない工作員のように見なして、静かに彼女に対して競争していった。戦いは、川ジプシーが村の郊外にキャンプをして、ヴィアンヌがアイルランドのさすらい人のルー(Johnny Depp)に互いに惹かれて合っている頃にピークを迎えた。

宗教と人間関係の複雑な絡み合い、そして大人の事情に飲み込まれている子どもたち、また、愛する人を遠く思い続ける大人たちの感情が秘められた映画である。


受賞

ヨーロッパ映画賞 最優秀主演女優賞 ジュリエット・ヴィノッシュ
パーム・スプリングス国際映画祭 視聴者賞 ラッセ・ハルストレム
サン・ディエゴ映画批評家協会賞 最優秀脚色賞 ロバート・ネルソン・ジェイコブス
映画俳優ガイド賞 最優秀助演女優賞 ジュディ・デンチ



また何度でも観たいと思わせる作品です。ジュリエット・ビノッシュがこんなに綺麗だったかな?と感じました。ジョニー・デップも好演しています。不思議な雰囲気のある作品です。



ジュリエット・ビノッシュ(Juliette Binoche, 1964年3月9日 - )
フランス・パリ出身の女優。
『トリコロール/青の愛』(1993年)でヴェネチア国際映画祭女優賞とセザール賞主演女優賞を、『イングリッシュ・ペイシェント』(1996年)でベルリン国際映画祭銀熊賞とアカデミー賞助演女優賞を受賞している。
来歴
1964年にフランス人舞台監督の父とポーランド人女優の母の間に生まれる。
パリの芸術高校に進んだのち、パリ国立演劇学校 (CNSAD) にて学ぶ。
1983年公開の『Liberty Bell』にて映画初出演。
1988年公開の『存在の耐えられない軽さ』でアメリカ映画に初出演する。
1993年に長男ラファエルを出産。また、『年下のひと』で共演したブノワ・マジメルとの間に女児を生むが2003年に別れる。
主な出演作品
* ゴダールのマリア Je vous salue, Marie (1985年)
* 汚れた血 Mauvais sang (1986年)
* 存在の耐えられない軽さ The Unbearable Lightness of Being (1988年)
* ポンヌフの恋人 Les Amants du Pont-Neuf (1991年)
* 嵐が丘 Wuthering Heights (1992年)
* ダメージ Damage (1992年)
* トリコロール/青の愛 Trois couleurs: Bleu (1993年)
* プロヴァンスの恋 Le Hussard sur le toit (1995年)
* カウチ・イン・ニューヨーク Un divan à New York (1996年)
* イングリッシュ・ペイシェント The English Patient (1996年)
* 年下のひと Les Enfants du siècle (1999年)
* サン・ピエールの生命(いのち) La Veuve de Saint-Pierre (1999年)
* コード:アンノウン Code inconnu: Récit incomplet de divers voyages (2000年)
* ショコラ Chocolat (2000年)
* シェフと素顔と、おいしい時間 Décalage horaire (2002年)
* 綴り字のシーズン Bee Season (2005年)
* 隠された記憶 Caché (2005年)
* パリ、ジュテーム Paris, je t'aime (2006年)
* こわれゆく世界の中で Breaking and Entering (2006年)

主な受賞
* トリコロール/青の愛(1993年)
第50回ヴェネチア国際映画祭 女優賞 受賞
第19回セザール賞 主演女優賞 受賞
* イングリッシュ・ペイシェント(1996年)
第47回ベルリン国際映画祭 銀熊賞(女優賞) 受賞
第69回アカデミー賞 助演女優賞 受賞
第50回英国アカデミー賞 助演女優賞 受賞


ヴィクトワール・ティビソル(Victoire Thivisol、1991年7月6日 - )
フランスの女優。
3歳の時にジャック・ドワイヨン監督に見出され、4歳の時に彼の作品『ポネット』で母親の死が受け入れられない主人公ポネットを演じ、ヴェネツィア国際映画祭 女優賞を受賞した。
主な出演作品
* ポネット Ponette (1996)
* 年下のひと Les Enfants du siècle (1999)
* ショコラ Chocolat (2000)



ジョニー・デップ(Johnny Depp、1963年6月9日-)
アメリカ合衆国の俳優・ミュージシャン。
本名はジョン・クリストファー・デップ二世(John Christopher Depp II)。
身長175cm、体重70kg。血液型はO型。

俗にアウトローと評される出自と、コメディから社会派作品まで果敢に挑戦し幅広く演じ分ける実力、話題の絶えない私生活やファンサービスの良さから常に注目を浴びている、現存する役者の中で最も知名度と人気の高い人物の一人である。

生い立ち
ケンタッキー州オーウェンズボロにて、土木技師の父・ジョン・クリストファー・デップとウェイトレスの母・ベティ・スー・パーマーとの間に生まれる。4人兄妹の末っ子で9歳上の兄ダン、7つ違いの姉デビーと2つ違いの姉クリスティーがいる。

家庭の事情で頻繁に転居を繰り返し幼少時だけでも20以上の土地を渡り歩き、7歳の時ようやくフロリダ州ミラマーに定住。しかし1978年に両親が離婚するとデップは多大なストレスと自信喪失から自傷行為を始め、その時の傷跡が現在でも7、8個残っている。さらにデップは14歳の頃からドラッグに手を染め、貧困も重なって、どん底とも言える青年時代を送った。

12歳の時に母からギターを買ってもらったデップは、どん底の青年時代の中でやがてミュージシャンを志すようになり16歳で高等学校を中退。将来への不安から2週間で復学を試みるも、高等学校の校長が「夢を追いなさい」と激励したため再度ミュージシャンとして生きる決意をし放浪生活を送る。

キャリア

音楽活動
この頃バンド「The Kids」をリードギタリストとして率い、イギー・ポップの前座も務めた。バンドは商業的に成功を収め、さらに活動を本格化させるべくロサンゼルスに活動拠点を移し「Six Gun Method」と改名し様々なバンドとコラボレーションを行った。近年では、オアシスの曲やローリング・ストーンズのアルバムにもギターで参加したほか、1995年にはバットホール・サーファーズのギビー・ヘインズと共に「P」というバンドを結成しCDを発売した。
音楽活動の中で知り合ったロリ・アン・アリソンと1983年に結婚するも1985年に離婚。

初期の俳優活動
アリソンと婚姻関係にあった時に、彼女の元恋人であったニコラス・ケイジと知り合う。その才能を見込んだケイジはデップに俳優への転進を勧めた。その後友人の付き添いとして足を運んだオーディションの会場で出演の打診を受け1984年、ホラー映画『エルム街の悪夢』でデビュー。その後『プラトーン』などで経験を積んだ。当初は仕事に対して消極的であったデップだが、尊敬する俳優のフレデリック・フォレストとの共演が転機となり、本格的に俳優への道を歩み出す。
プロデューサーの説得によりフォックス放送のテレビシリーズ『21ジャンプ・ストリート』に主演。デップは元来テレビに出演することを好まなかったため、終始その演技に小細工を利かせていたが一躍ジュニアアイドルとして脚光を浴びる。それでも自分が商品として扱われることやテレビドラマでの役のイメージに縛られることを恐れたため、活動の場を映画のみとすることに決めた。

映画俳優として
1990年の『クライ・ベイビー』で映画初主演を果たし、同年公開の『シザーハンズ』は大ヒットする。自らの出自に由来するアウトローな作品選びや徹底した役作り、確かな実力、端麗な容姿などデップを認めるものは少なからず存在したものの、その後の出演作品の興行収入と知名度は付随しなかった。

アウトローな作品選びは私生活にも影響を及ぼし、滞在先のホテルで暴れ出し備品を破壊した末に逮捕されるなど、トラブル続きの日々を送った。しかし、ハリウッド・サンセット大通りに経営していたロッククラブ「バイパールーム」で、親友でクラブの共同経営者でもあったリバー・フェニックスがドラッグの過剰摂取により急死したことを機にデップは自らを長らく蝕んでいたドラッグと縁を断ち、以後は『ギルバート・グレイプ』などのヒューマンドラマや『エド・ウッド』といった伝記映画に立て続けに出演し俳優としての実力を身につけた。

俳優業の傍ら、親族の出自(彼の母方の曾祖母は純血のチェロキー族。父も同じくチェロキー族の血を引く)からインディアンの問題に関心を持っていたデップは1997年、共演にマーロン・ブランドを招聘し映画『ブレイブ』を監督した。その後は興行収入こそ話題に上らないものの、質の高い映画に出演を重ね徐々に知名度を獲得していった。

1999年、これまでの功績が認められハリウッド・ウォーク・オブ・フェームに名前が刻まれる。

映画『ナインスゲート』で知り合ったヴァネッサ・パラディとの間に長女を儲けたことを機にデップの生活は公私共に急激に変化した(下部詳述)。2003年、子供の勧めにより出演したディズニー/ブエナビスタ共同制作の娯楽超大作『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』で興行面での大成功を収めた上に、子供を儲けたことでアウトローなイメージからの脱却に成功し世界的な規模で爆発的な人気を獲得した。同年のピープル誌にて「最もセクシーな男性」に選出された。

2004年公開の『ネバーランド』と2年連続でアカデミー主演男優賞にノミネートされ実力派俳優としての地位を不動のものとした。

2007年公開の『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』で、初のミュージカル映画に出演。この作品でゴールデングローブ賞 主演男優賞 (ミュージカル・コメディ部門)を受賞する。過去7回同賞にノミネートされたが、受賞は今回が初である。

私生活
関係・家族
先に挙げたアリソンの他、女優のジェニファー・グレイ、シェリリン・フェン、ウィノナ・ライダーや、スーパーモデルのケイト・モスとも交際していた。ちなみにウィノナ・ライダーと交際中、腕に「ウィノナ・フォーエヴァー」と刺青を施したが、破局後「ワィノ・フォーエヴァー(アル中よ永遠に)」に修正。その後は恋人の名を刺青にしていない。

現在、パートナー(入籍はしていないが事実婚)であるヴァネッサ・パラディと、2人の子供リリー=ローズ・メロディ・デップ(1999年5月27日生)とジャック・ジョン・クリストファー・デップ・3世(2002年4月9日生)とともにフランスに住み、アメリカと南フランスの両方で生活をしている。

母親の名と、二人の子供の名、数字の3、またアルファベットの刺青を施している。なおアルファベットについては、単純に好きな文字だからと話している。

論争
1993年に違法薬物の販売で逮捕され、起訴されたことがある。1999年にはヴァネッサ・パラディとロンドンで食事をしている時に、レストランまで追いかけてきたパパラッチと喧嘩をして再び逮捕された。
2003年にドイツのStern誌にて、「アメリカは愚かな犬」と発言し、アメリカ国内で非難が出た。

ファッション
一言で表せれば「個性的」。だが、ブランドに頼らない彼独自のアレンジした着こなし方はファンのみならず、男性にも絶大な支持を得ている。 最近は帽子と眼鏡(もしくはサングラス)を合わせることが多い。また、腕に付けているビーズのブレスレットは愛娘からのプレゼントである。

ファンとの交流
アメリカのサインコレクター雑誌「オートグラフ・マガジン」が発表した「ファンにサインする際に態度が丁寧なハリウッド・スター」で3年連続1位に輝いている。同誌は「穏やかで気さくながら、サインをしつつファンに話し掛けて親しくなろうとする」「プレミア会場でもレストランでも、映画のロケ中でもほとんど、最高に気前良くサインしてくれるスター」と評価している。
実際にも「一人にサインをしたら、他のファン全員にもサインしなくてはいられない性分」で、空港など混雑・混乱しやすい場所ではサインを一切しないよう、スタッフから逆に釘を刺されてしまう場合も多い。

主な出演作品
公開年 邦題
原題 役名 備考
1984 エルム街の悪夢
A Nightmare On Elm Street Glen Lantz
1985 マイアミ・ホットリゾート
Private Resort ジャック 日本未公開
1986 プラトーン
Platoon ラーナー
殺しに熱きテキーラを
Slow Burn Donnie Fleischer TV映画
21ジャンプ・ストリート
21 Jump Street トム・ハンソン TVシリーズ(1990年まで放送)
1990 シザーハンズ
Edward Scissorhands エドワード・シザーハンズ ゴールデングローブ賞 主演男優賞 (ミュージカル・コメディ部門)ノミネート
クライ・ベイビー
Cry-Baby ウェイド・ウォーカー
1992 アリゾナ・ドリーム
Arizona Dream アクセル
1993 ギルバート・グレイプ
What's Eating Gilbert Grape ギルバート・グレイプ
妹の恋人
Benny & Joon サム ゴールデングローブ賞 主演男優賞 (ミュージカル・コメディ部門)ノミネート
1994 エド・ウッド
Ed Wood エド・ウッド ゴールデングローブ賞 主演男優賞 (ミュージカル・コメディ部門)ノミネート
1995 ザ・カンヌ・プレイヤー
Cannes Man 本人役 日本未公開
ニック・オブ・タイム
Nick Of Time ジーン・ワトソン
デッドマン
Dead Man ウィリアム・ブレイク
ドンファン
Don Juan Demarco ドンファン
1997 ブレイブ
The Brave ラファエル 初監督作品
フェイク
Donnie Brasco ジョー・ピストーネ/ドニー・ブラスコ
1998 ラスベガスをやっつけろ
Fear And Loathing In Las Vegas ラウル・デューク
GO!GO!L.A.
L.A. Without A Map William Blake クレジットなし
1999 ビートニク
The Source
ナインスゲート
The Ninth Gate ディーン・コルソ
スリーピー・ホロウ
Sleepy Hollow イカボッド・クレーン
ノイズ
The Astronaut's Wife スペンサー
2000 耳に残るは君の歌声
The Man Who Cried チェーザー
夜になるまえに
Before Night Falls Cesar
ショコラ
Chocolate ルー
2001 ロスト・イン・ラ・マンチャ
Lost In La Mancha
ブロウ
Blow ジョージ・ユング
フロム・ヘル
From Hell フレッド・アバーライン
2003 レジェンド・オブ・メキシコ/デスペラード
Once Upon A Time In Mexico サンズ
パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち
Pirates Of The Caribbean: The Curse Of The Black Pearl ジャック・スパロウ アカデミー主演男優賞ノミネート
ゴールデングローブ賞 主演男優賞 (ミュージカル・コメディ部門)ノミネート
2004 リバティーン
The Libertine ロチェスター
フレンチなしあわせのみつけ方
Ils Se Marierent Et Eurent Beaucoup D'enfants L'inconnu
ネバーランド
Finding Neverland ジェームス・マシュー・バリ アカデミー主演男優賞ノミネート
ゴールデングローブ賞 主演男優賞 (ドラマ部門)ノミネート
シークレット ウインドウ
Secret Window モート・レイニー
2005 チャーリーとチョコレート工場
Charlie And The Chocolate Factory ウィリー・ウォンカ ゴールデングローブ賞 主演男優賞 (ミュージカル・コメディ部門)ノミネート
ティム・バートンのコープスブライド
Corpse Bride ビクター 声の出演
2006 パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト
Pirates Of The Caribbean: Dead Man's Chest ジャック・スパロウ ゴールデングローブ賞 主演男優賞 (ミュージカル・コメディ部門)ノミネート
2007 パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド
Pirates Of The Caribbean: At World's End ジャック・スパロウ
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師
Sweeney Todd: The Demon Barber of Fleet Street スウィーニー・トッド ゴールデングローブ賞 主演男優賞 (ミュージカル・コメディ部門)受賞




アルフレッド・モリーナ(Alfred Molina、1953年5月24日 - )
イギリス・ロンドン出身の俳優。スペイン人の父とイタリア人の母を持つ。
舞台出演も多いベテラン俳優で、デヴィッド・マメットやテネシー・ウィリアムズの舞台に出演した。
主な出演作品
* レイダース/失われたアーク《聖櫃》 Raiders of the Lost Ark (1981)
* レディホーク Ladyhawke (1985)
* 魅せられて四月 Enchanted April (1992)
* マーヴェリック Maverick (1994)
* 判決前夜/ビフォア・アンド・アフター Before and After (1995)
* デッドマン Dead Man (1995)
* スピーシーズ 種の起源 Species (1995)
* ブギーナイツ Boogie Nights (1997)
* 知らなすぎた男 The Man Who Knew Too Little (1997)
* 愛のトリートメント The Treat (1998)
* マグノリア Magnolia (1999)
* ショコラ Chocolat (2000)
* フリーダ Frida (2002)
* 死ぬまでにしたい10のこと My Life Without Me (2003)
* アイデンティティー Identity (2003)
* コーヒー&シガレッツ Coffee and Cigarettes (2003)
* スチームボーイ Steamboy (2004) ※英語版の声の出演
* タブロイド Crónicas (2004)
* スパイダーマン2 Spider-Man 2 (2004)
* ダ・ヴィンチ・コード The Da Vinci Code (2005)
* シルク SILK (2008)


キャリー=アン・モス(Carrie-Anne Moss、1967年8月21日 - )
カナダの女優。ブリティッシュコロンビア州バンクーバー出身
20歳でヨーロッパに移りモデルとなる。スペインにいた時に、バルセロナで撮影されていたアメリカのテレビシリーズに出演したことがきっかけで数本のドラマに出演。
1999年に映画『マトリックス』のトリニティ役に抜擢され、一気に脚光を浴びる。2000年の『メメント』でインディペンデント・スピリット賞の助演女優賞を受賞。
1999年に俳優のスティーヴン・ロイと結婚し、2003年9月に息子が生まれている。
出演作品
* マトリックス The Matrix(1999)
* ショコラ Chocolat(2000)
* レッド プラネット Red Planet(2000)
* メメント Memento(2000)
* マトリックス・リローデッド The Matrix Revolutions(2003)
* マトリックス・レボリューションズ The Matrix Reloaded(2003)
* サスペクト・ゼロ Suspect Zero(2004)
* ゾンビーノ Fido (2006)



ラッセ・ハルストレム(Lasse Hallström、本名:Lars Sven Hallström、1946年6月2日 - )
スウェーデン・ストックホルム出身の映画監督。
父親はアマチュアの映像作家。子供の頃から映画制作に熱中しており、10歳の時に短編映画を完成させる。
1975年に監督としてデビューし、その後手がけたABBAの映画『アバ/ザ・ムービー』がヒットして知られるようになる。1985年の『マイライフ・アズ・ア・ドッグ』でアカデミー賞監督賞にノミネートされ、ハリウッドに招かれる。
1994年に女優のレナ・オリンと結婚。
主な監督作品
* 恋する男と彼の彼女 En Kille och en tjej (1975)
* アバ/ザ・ムービー ABBA: The Movie (1977)
* 僕は子持ち Jag är med barn (1979)
* 気取り屋 Tuppen (1981)
* 幸せな僕たち Två killar och en tjej (1983)
* マイライフ・アズ・ア・ドッグ Mitt liv som hund (1985)
* やかまし村の子どもたち Alla vi barn i Bullerbyn (1986)
* やかまし村の春・夏・秋・冬 Mer om oss barn i Bullerbyn (1986)
* ワンス・アラウンド Once Around (1991)
* ギルバート・グレイプ What's Eating Gilbert Grape (1993)
* 愛に迷った時 Something To Talk About (1995)
* サイダーハウス・ルール The Cider House Rules (1999)
* ショコラ Chocolat (2000)
* シッピング・ニュース The Shipping News (2001)
* アンフィニッシュ・ライフ An Unfinished Life (2005)
* カサノバ Casanova (2005)


出典: Wikipedia
スポンサーサイト
この記事のURL | 映画・ヒューマンドラマ | CM(14) | TB(2) | ▲ top
ウォーク・トゥ・リメンバー
- 2008/01/20(Sun) -
ウォーク・トゥ・リメンバーウォーク・トゥ・リメンバー
(2006/06/23)
マンディ・ムーア、シェーン・ウェスト 他

商品詳細を見る


ウォーク・トゥ・リメンバー
原題:A Walk To Remember

1998年のニコラス・スパークス(Nicholas Sparks)の小説を基にした、1990年代半ばのノース・カロライナのビューフォートを舞台にした2002年の映画。この映画はポップ・シンガーのマンディ・ムーアとシェーン・ウェストに主演させている。監督はアダム・シャンクマン(Adam Shankman )、製作はワーナー・ブラザーズのデニス・ディノヴィ(Denise DiNovi)とハント・ローリー( Hunt Lowry)。
2003年公開のアメリカ映画

監督 アダム・シャンクマン Adam Shankman
脚本 カレン・ジャンツェン Karen Janszen
原作 ニコラス・スパークス(Nicholas Sparks)「奇跡を信じて」(A Walk To Remember)
主演:マンディ・ムーア Mandy Moore他

出演者
* ジェイミー・サリバン:マンディ・ムーア Mandy Moore
* ランドン・カーター:シェーン・ウェスト Shane West
* シンシア・カーター:ダリル・ハンナ Daryl Hannah
* サリバン牧師:ピーター・コヨーテ Peter Coyote

標題;愛は風のようなもの。見ることは出来ないが、感じることは出来る。


「あらゆる人生は旅なのだから…」
本作の原作「奇跡を信じて」(A Walk To Remember)は、99年に映画化された「メッセージ・イン・ア・ボトル」(Message In A Bottle)のニコラス・スパークス(Nicholas Sparks)の長編第三作。
処女作「きみに読む物語」(The Notebook)から一貫して、愛することと信じることの尊さをシンプルなスタイルで謳い続けている。
アメリカでは、ニューヨークタイムズ・ベストセラーに32週連続ランクイン。ハードカバーとペーパーバックを合せて全米では既に270万部が売れている。


若い二人が純粋な恋をして愛にかわり、その愛を昇華させていく姿が素晴らしいです
純粋な頃の気持ちに戻れる作品です。


ストーリー ネタバレ

 高校生達のいたずらが思わぬ方向へいった時、ランドン・カーター(Shane West)は、退学処分に脅かされた。彼への罰は様々な種類の放課後活動への必須参加だった、例えば授業に遅れた子供達に教えることやドラマ・クラブの春の公演で演技することだった。

これらの活動を通して、ランドンはジェイミー・サリバン(Mandy Moore)というもう何年も前から同級生でめったに交流することのなかった少女と、交流せざるをえなくなる。ランドンは演劇の彼のセリフを学ぶのに助けが必要だと気づき、ジェイミーに助けを求める。彼女はもしも自分に恋をしないという条件付で承諾する、ランドンは「それは問題じゃない。」と、もしも自分が女の子に恋をしても、ジェイミーは一番最後だと思いながら答えた。ランドンとジェイミーは彼女の家で放課後に練習を始めた。

ある日、学校にいるとき、ジェイミーはランドンに今日の午後練習するのか聞いたら、ランドンは「君の夢の中で」と答えた、何故なら、ランドンは友達達と一緒にいたから。ランドンは練習の為に彼女の家へ行き、彼女にドアを開けることを拒まれた。彼女がついにドアを開けたとき、彼女は自分達は秘密の友達になれると嫌味を言った。ランドンが承諾したとき、ジェイミーはドアを彼の目の前でバタンと閉めた。ランドンは最終的に自分で脚本を学んだ。

演技のあいだ、ジェイミーは彼女の美しく化粧した顔で、ランドンをがくぜんとさせた。ランドンは劇の最中にジェイミーに脚本にはなかったキスをして、その後二人は付き合うようになる。ランドンは彼女を夕食に連れ出して、彼女のウィッシュ・リスト、二つの場所に同時に存在するとかタトゥー入れる等、を手伝うことにする。

ジェイミーはついにランドンに自分が白血病の末期だと告げ、治療の効果が期待出来ない状態であると話した。ジェイミーが病院に居る時、ランドンはジェイミーの、例えば、彼女が彗星を見れるように天体望遠鏡を創作するというような、様々な望みを叶えようとする。それらの過程を経て、ランドンとジェイミーは自然に愛を育んでいく。映画の最後でジェイミーは死んでしまうが、それは二人が、ジェイミーのウィッシュ・リストの一番トップにあった望み、亡き母と同じ教会で結婚式を挙げた後の事だった。ランドンはジェイミーとの思い出を通して彼女がしたように、ゴールに到達出来るよう物事を始め、より良い人間になった。

四年後、ランドンはジェイミーの父親を訪ねた。ジェイミーが彼を助けて彼が集中したり、よりよい人間になったことは明らかであった。例えば、彼は4年制の大学を卒業し、医学部に入学許可が下りたことを明らかにした、以前はジェイミーに問われたときは高校生活以後の人生計画がなかったのだが。彼はジェイミーの父にジェイミーが死ぬ前に彼女の望みであった「奇跡」を起こす事が出来なくて申し訳ない、と詫びた。ジェイミーの父は言った、「彼女は奇跡を起こしたよ。それは君自身だよ。」と告げるのだった。


バックグラウンド/制作

「ウォーク・トゥ・リメンバー」のインスピレーションは2000年に癌で死んだ、ニコラス・スパークス(Nicholas Sparks)の妹、ダニエル・スパークス・ルイス(Danielle Sparks Lewis)から得たものだった。ベルリンで彼女が死んだ後行った講演で、著者は「いろんな意味で、ジェイミー・サリバンは私の妹だった。」と認めている。話の筋は、彼女の人生に触発されたものである;ダニエラは、「もしも彼が彼女が病気だと知っても、もしも彼が病気を持ちこたえられないと知っても」彼女と結婚したいという男性と出会った。本と映画は両方ダニエラ・スパークス・ルイスに捧げられた。

この映画はノース・カロライナのウィルミントンで撮影され、同じ頃に、Divine Secrets of the Ya-Ya Sisterhood (2002) とthe TV show One Tree Hill が同じ場所で撮影されていた。セットの多くはthe TV show Dawson's Creek (1998)のもので、特に学校、病院そしてランドンの家はそうである。撮影時間は、マンディ・ムーアが未成年で、一日に10時間しか働く事が出来なかったが、全体的にたった39日間で終わった。



サウンドトラック

この映画のサウンドトラックは、マンディ・ムーアや他の教会音楽、Jars of Clay, Switchfoot, Rachael Lampaの5つの歌をフィーチャーしている。
リード・ソング「Cry」は元々、ムーアのセカンド・アルバム「Mandy Moore」からリリースされている。サウンドトラックはムーアが縁画の中で歌ったSwitchfootの歌「Only Hope」の二つのバージョンが含まれている。

マンデイ・ムーアのマネージャーで、映画の音楽スーパーバイザーである、Jon Leshayは聞いた後、すぐさまSwitchfootの音楽が映画の重要な場面で使われるべきだと感じた。後に、彼はSwitchfootのマネージャーになった。映画に取り組み始めた時、バンドはムーアと彼女の音楽をよくは知らなかった。(彼女がチャートで数々のヒットを飛ばすポップスターであるにもかかわらず)。映画での関係の前、Switchfootは、サンディエゴ出身の現代教会音楽界でしか知られていなかったが、「Meant to Live」と「 Dare you to Move」を含む、ダブル・プラチナ・アルバム「The Beautiful Letdown」で主流にも認められるようになった。


トリビア

・サリバン家の暖炉のマントル・ピースのジェイミーの写真は、マンディ・ムーアの小さい頃の写真を使っている。
・シェーン・ウェストは映画で使った車をとても気に入って、映画の撮影が終わった時にたった5000ドルで制作会社から買った。
・監督のカメオ出演:アダム・シャンクマン(Adam Shankman)は、ジェイミーが自宅療養の為、病院を退院するときに、ジェイミーを部屋からだす時の車椅子を押していた看護師役をした。
・映画の中で、シェーン・ウェストの役は後に医学部に入学許可を貰う役だったが、後にNBCの医療ドラマ「ER」でDoctor Ray Barnett 役をすることになった。
・ダリル・ハンナは他の映画で髪をピンク色に染めていたので、茶色のウィッグを被っていて、それは役をやるとき、シェーン・ウェストの髪の色に合っていてとても良かった。ハンナは唇が腫れるコラーゲンの問題を持っていた。映画の撮影が終わる頃、しかし、症状が引いたのは明らかだった。



マンディ・ムーア(Mandy Moore,1984年4月10日 - )
アメリカ合衆国のポップス歌手・女優。ニューハンプシャー州ナシュア市(ボストン郊外)に生まれ、フロリダ州で育った。
歌手として
14歳の時に見出されてレコード会社と契約。 1999年にデビューアルバム "So Real" を発表。当時はブリトニー・スピアーズ、クリスティーナ・アギレラ、ジェシカ・シンプソンなど10代の女性シンガーが人気を博しており、マンディもその波に乗る形でデビュー。
デビューアルバムは所謂バブルガムポップで、後にマンディもこのデビューアルバムに関しては後悔していると話している[要出典]。
2000年にはスペシャルアルバム "I Wanna Be With You" を発表。このアルバムとファーストからの曲が選出された盤が日本でリリースされ、実質日本でのデビューアルバムとなる。
最近はシンガーソングライター志向もあり、より大人向けのアルバムを発表する傾向にある。
アルバム 
* So Real (1999)(全米31位)
* I Wanna Be with You (2000)(全米21位)
* Mandy Moore (2001)(全米35位)
* Coverage (2003)(全米14位)
* The Best of Mandy Moore (2004)(全米148位)
* Wild Hope (2007)(全米30位)
女優・モデルとして
2001年、『プリティ・プリンセス』で映画デビュー。青春映画などに積極的に出演している。特に2002年に出演した『ウォーク・トゥ・リメンバー』は世界中でスマッシュヒット。また、2006年にはヒュー・グラントやデニス・クエイド主演の 『アメリカン・ドリームズ』にも出演している。現在は歌手としてより女優としての評価が高い。また抜群のプロポーションでファッションモデルとしても人気である。アメリカではファッションリーダー的存在でお洒落芸能人として認知されている。
Year Title Role Notes
1996 Street Rats
2000 Magic Al and the Mind Factory Brittany Foster
2001 The Princess Diaries Lana Thomas
Dr. Dolittle 2 Girl Bear Cub Voice only
2002 A Walk to Remember Jamie Sullivan
Kingdom Hearts Aerith Gainsborough Voice only, video game
2003 How to Deal Halley Martin
Punk'd Episode 2 Season 1 (TV Series) Herself
All I Want Lisa Direct-to-video
2004 Chasing Liberty Anna Foster
Saved! Hilary Faye Grossing: $8,940,582 (Indie film)
2005 Racing Stripes Sandy (voice) Grossing: $49,772,522
Entourage Mandy Moore (herself) television guest role
2006 American Dreamz Sally Kendoo
Brother Bear 2 Nita Voice only;
direct-to-video on August 29, 2006
Scrubs Julie Quinn television guest role
2007 Because I Said So Milly Wilder February 2, 2007 $42,674,040
License to Wed Sadie Jones July 3, 2007 $43,799,818
Dedication Lucy Riley Releasing August 24, 2007
Romance & Cigarettes Baby Murder Releasing September 7, 2007
Southland Tales Madeline Frost Santaros Releasing November 9 2007
How I Met Your Mother (TV Series) Amy Guest Role
2008 Personal Shopping Announced
Finding Jenua Announced
A Summer Place Announced



シェーン・ウェスト(Shane West、1978年6月10日 - )
ルイジアナ州出身の俳優・歌手。
ドラマ『ER緊急救命室』にはレイ・バーネット役で出演している。ロック歌手とレジデントとの二足のわらじを履いている設定となっているが、本人もジョニー・ウォズとしてCDをだしている。
出演
ドラマ
* Once and Again (1999-2002)
* ER緊急救命室 ER (2004-2007)
映画
* 学園天国 Whatever It Takes (2000)
* ドラキュリア Dracula 2000 (2000)
* 恋人にしてはいけない男の愛し方 Get Over It (2001)
* ウォーク・トゥ・リメンバー A Walk to Remember (2002)
* リーグ・オブ・レジェンド 時空を超えた戦い The League of Extraordinary Gentlemen (2003)



ダリル・ハンナ(Daryl Hannah, 本名 Daryl Christine Hannah, 1960年12月3日 - )
女優。アメリカ合衆国イリノイ州シカゴ出身。背が高くブロンド。幼い頃からバレエを習い始め、11歳でCMに出演。南カリフォルニア大学で学び、1976年に映画デビュー。1984年の『スプラッシュ』の人魚役で注目され、その洗練されながらも嫌味の無い美しさから「ニューヨークの恋人」とも評された。ケネディ元大統領の息子との交際が有名だが、母親のジャクリーン・ケネディが女優との結婚に反対したため、ゴールインはしなかった。
2000年にはロンドンで、『七年目の浮気』の舞台版に出演した。2003年公開の『キル・ビル』シリーズでの冷酷な殺し屋、エル・ドライバー役の演技では賞賛された。
主な出演作
* ブレードランナーBlade Runner(1982)
* 青い恋人たち Summer Lovers (1982)
* スプラッシュ Splash(1984)(共演は、トム・ハンクス)
* 愛しのロクサーヌ Roxanne(1987)
* ウォール街 Wall Street (1987)
* マグノリアの花たち Steel Magnolias(1989)
* 透明人間 Memoirs of an Invisible Man(1992)
* ダリル・ハンナの ジャイアント・ウーマン Attack of the 50 Ft. Woman(1993)
* ラブリー・オールド・メン Grumpy Old Men (1993)
* 百一夜 Les Cent et une nuits de Simon Cinéma (1995)
* ラブリー・オールド・メン2 Grumpier Old Men (1995)
* リアル・ブロンド The Real Blonde (1997)
* ブルー・イグアナの夜 Dancing at the Blue Iguana (2000)
* First Target(2000)
* デブラ・ウィンガーを探して Searching for Debra Winger (2002)
* カーサ・エスペランサ ~赤ちゃんたちの家~ Casa de los babys (2003)
* キル・ビル Vol.1 Kill Bill: Vol. 1(2003)
* キル・ビル Vol.2 Kill Bill: Vol. 2(2004)



ピーター・コヨーテ(Peter Coyote,1942年10月10日 - )
アメリカ合衆国ペンシルヴァニア州出身の俳優。
主な出演作品
* E.T. E.T. the Extra-Terrestrial (1982)
* ストレンジャーズ・キス Strangers Kiss (1983)
* 白と黒のナイフ Jagged Edge (1985)
* 赤い航路 Bitter Moon (1992)
* キカ Kika (1993)
* アンフォゲタブル Unforgettable (1996)
* スフィア Sphere (1998)
* パッチ・アダムス Patch Adams (1998)
* ランダム・ハーツ Random Hearts (1999)
* エリン・ブロコビッチ Erin Brockovich (2000)
* ファム・ファタール Femme Fatale (2002)
* ボン・ヴォヤージュ Bon voyage (2003)


公式サイト
出典: Wikipedia
この記事のURL | 映画・恋愛 | CM(10) | TB(1) | ▲ top
ランス・ヘンリクセン
- 2008/01/09(Wed) -
ランス・ヘンリクセンランス・ヘンリクセン Lance Henriksen, 1940年5月5日生

アメリカ合衆国ニューヨーク州出身の俳優、画家そして陶芸家
多才で多作なパフォーマーであり、彼の俳優としてのトレードマークは低いガラガラの声と刺すような凝視、彫りの深い外気にさらされた年老いた顔である。



生い立ち
幼少期
ヘンリクセンはNYのマンハッタンの貧しい家庭に生まれた。父親はノルウェイの商船の水兵であり、「Icewater」と呼ばれるボクサーであり、その生涯のほとんどを海で過ごした。ヘンリクセンの母は仕事を見つけるのが困難で、ダンスのインストラクターやウェイトレス、モデルなどをしていた。ヘンリクセンの両親は彼が2歳の時に離婚し、それ以後、母によって育てられた。成長するにつれて、ヘンリクセンは自分が様々な学校で、養護施設の中においても問題児であるとわかった。ヘンリクセンは家を離れ、12歳で学校をドロップ・アウトした。彼は30歳になるまで、自分で映画の脚本を勉強するまでは文盲だった。ニューヨークで十代のほとんどをストリート・チャイルドで過ごした。国中の貨物列車に乗りながら、時には浮浪者のような小さな罪で投獄されたりした。それは、生涯の友であるジェームズ・キャメロンやブルース・ケンセラーなどに出逢った時期でもあった。

キャリア
ヘンリクセンは最終的に彼の才能を最初の仕事として劇場のセットをデザインする画家として見出した。事実、彼の最初の演技は彼が作ったセットの中でされた。彼の30台前半、ヘンリクセンは名門のアクターズ・スタジオを卒業してNYのオフ・ブロードウェイで演じはじめた。映画では、最初の作品、1972年の「It Ain't Easy」だった。ヘンリクセンは様々な、スティーブン・スピルバーグの「未知との遭遇 Close Encounters of the Third Kind(1977)」や「ダミアン:オーメンⅡ(1978)」のような特筆すべき分野の客演をしていった。彼は「ライト・スタッフ(1983)」の宇宙飛行士ウォルター・シッラや俳優のチャールズ・ブロンソンの1991年のTVムービー「Reason for Living:The Jill Lreland Story」も演じた。

ジェームズ・キャメロンが「ターミネーター」の映画の脚本を書いていた時、当初ヘンリクセンを主役に想定していた。キャメロンはだから、ターミネーターの絵をヘンリクセンの顔を使って描いており、衣装合わせもしており、キャラクターについてのオリオン映画会社の会合にもそれで出席していた。構わずに、有名なこの役は最終的にはアーノルド・シュワルツネッガーに行ってしまった。ヘンリクセンは、この映画の中で、ハル・ヴォコビッチという端役ではあるが、出演している。ヘンリクセンはおそらく「エイリアン」と「エイリアン3」に出てくる人口生命体のアンドロイド・ビショップ役を演じたことで有名である。彼は「エイリアンVSプレデター(2004)」でアンドロイド・ビショップの元である人間のチャールズ・ビショップ・ウェイランドを演じている。

1996年、ヘンリクセンは「Xファイル」の製作者であるクリス・カーター製作、プロデゥースのTVシリーズ「ミレニアム」に主演した。ヘンリクセンはフランク・ブラックという犯人の心を透視するという特殊な能力を持つ元FBI捜査官を演じた。カーターはヘンリクセンの為に特にこの役柄をつくった。ヘンリクセンのミレニアムでの演技はとても大きな賞賛を得、People Choice Awardの好きな男性TVスターにノミネートされ、3回連続してゴールデン・グローブ賞のTVシリーズの優秀演技賞にノミネートされた(1997~1999年)。このシリーズは1999年に終わった。ヘンリクセンの娘のアルカミーは、ミレニアムの一つのエピソードにクレジットされないで出演している。彼はその後、ハワイ州に移った。

3つ以上の重要で特別な役柄が特にヘンリクセンの為にかかれたが、彼はそのうちの一つにしかスターになれなかった。ジェームズ・キャメロンは「ターミネーター(1984)」をヘンリクセンが題名の役柄を演じれるように脚本を書いた。クリス・カーターは特にヘンリクセンの為に「ミレニアム(1996)」を製作し、結果的にフランク・ブラックがヒーローになると確信させた。最後に、ビクター・サルバは「ジーパーズ・クリーパーズ(2001)」をヘンリクセンと一緒に、クリーパーの役柄になるように脚本を書いた。

テレビでは、ヘンリクセンは最近はほとんど、スティーブン・スピルバーグのプロデゥースのミニ・シリーズ「Into the West(2005)」に出演している。彼は最近、ブラジルのRede Recordというチャンネルのソープ・オペラのCaminhos do Coração ("Ways of the Heart")にも出演している。

近年、ヘンリクセンは声優としても活躍しており、彼の独特の声は数多くの長編アニメやビデオ・ゲームのタイトルに用いられている。ディズニーのターザン(1999)では直接ビデオ化されたシリーズの前編でターザンの代理父に仕える猿の役で出演している。彼は、スーパーマンの中で超悪役の宇宙人ブライニアックの声の出演もしている:Superman: Brainiac Attacks (2006)。ヘンリクセンはモロブという役をヴォリション・インクで作られTHQで出版されたビデオ・ゲームRed Faction II (2002)で演じている。GUN (2005), Run Like Hell (2002)にも貢献し、しかしFour Horsemen of the Apocalypse (2004)とBioWareのロール・プレイング・ゲーム Mass Effect (2007)には出演を取りやめている。ヘンリクセンはPlayStation 3's internet promotional videosのナレーションも務めている。 2005年, ヘンリクセンは Cartoon Network's IGPXのAndrei Rublevの声もしていた。ヘンリクセンはもうすぐ公開のTVアニメーション・シリーズ「トランス・フォーマー」のロックダウンの役にも声優として参加している。


主な出演作品
* 狼たちの午後 Dog Day Afternoon (1975)
* 未知との遭遇 Close Encounters of the Third Kind (1977)
* 殺人魚フライングキラー Piranha Part Two: The Spawning (1981)
* ライトスタッフ The Right Stuff (1983)
* ターミネーター The Terminator (1984)
* 白と黒のナイフ Jagged Edge (1985)
* エイリアン2 Aliens (1986)
* ニア・ダーク/月夜の出来事 Near Dark (1987)
* ジョニー・ハンサム Johnny Handsome (1989)
* 処刑リスト HIT LIST (1989)
* フィアーナイト Tales from the Crypt (1990)
* ハリウッド・アドベンチャー Tales from the Crypt (1991)
* エイリアン3 Alien³ (1992)
* ハード・ターゲット Hard Target (1993)
* ノー・エスケイプ No Escape (1994)
* 薔薇の素顔 Color of Night (1994)
* クイック&デッド The Quick and the Dead (1995)
* デッドマン Dead Man (1995)
* ミレニアム Millennium (1996) テレビシリーズ
* スクリーム3 Scream 3 (2000)
* モディリアーニ 真実の愛 Modigliani (2004)
* エイリアンVSプレデター Alien vs. Predator (2004)
* IGPX Immortal Grand Prix (2005) テレビシリーズ、声の出演


出典: Wikipedia
この記事のURL | 映画・俳優 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
フォー・ウェディング
- 2008/01/08(Tue) -
フォー・ウェディングフォー・ウェディング
(2007/05/18)
アンディ・マクドウェル、ヒュー・グラント 他

商品詳細を見る


フォー・ウェディング
原題:Four Weddings and a Funeral
1994年 イギリス映画
監督 マイク・ニューウェルによるロマンティック・コメディ

この後、『ノッティングヒルの恋人』などでヒットを飛ばす脚本家リチャード・カーティスとヒュー・グラントのコンビの第一作目で、当初の予想に反して世界中でヒットした
(興行成績244百万ドル)

キャスト
* Hugh Grant ヒュー・グラント: Charles
* Andie MacDowell アンディ・マクダウェル: Carrie
* James Fleetジェームズ・フリート: Tom
* Simon Callow サイモン・キャロウ: Gareth
* John Hannah ジョン・ハナー: Matthew
* Kristin Scott Thomasクリスティン・スコット・トーマス: Fiona
* David Bowerデビット・ボワー: David
* Charlotte Colemanシャルロッテ・コールマン: Scarlett
* Rowan Atkinson ローワン・アトキンソン: Father Gerald
* Anna Chancellor アンナ・チャンセラー: Henrietta ("Duckface")


ストーリー ネタバレ
映画はしばしば舌足らずで失態ばかりしている英国人のチャールズ、グラントが演じている、の目を通した友人達の冒険に沿っている。チャールズは、キャリーというマクダウェル演じる魅力的なアメリカ人に熱愛され、彼らは繰り返しいくつかの結婚式と一つの葬式で出会う。

最初の結婚はアンガス(Timothy Walker)とローラ(Sara Crowe)だった。チャールズと彼の独身の友人達は、一生独身のままではないか、と自分たちの事を心配している。この結婚式でチャールズは、キャリーと初めて出逢い一夜を共にしたが、キャリーにとっては、ワン・ナイト・オンリーとしてだった。

二番目の結婚式はベルナード(David Haig)とリディア(Soshie Thompson)、前の結婚式で知り合った二人である。特徴としては、ローワン・アトキンソンが経験のない神父の役でカメオ出演していることである。昔の恋人の何人かと一つのテーブルを共にしなければならなかったチャールズにとっては、レセプションは楽しめなかった。特に彼の友人の間では「アヒル顔」として知られている、昔、良い関係が営めなかったヘンリエッタっとぶつかった事は最悪だった。チャールズの恐ろしい夜は、彼がキャリーがハミッシュという裕福なスコットランドの政治家と婚約すると聞いた事で完全となった。チャールズとキャリーはまた夜を共にした。

中間期間で、チャールズは手ごろなウェディング・プレゼントを探している時にキャリーに出会い、最終的に彼女のウェディング・ドレスを選ぶはめとなる。キャリーは30人以上のセックス相手を挙げていき、チャールズを驚かせた。彼は、彼女の結婚がうまくいかなかったら、自分と交際して欲しいと告白するが、キャリーは上品にそれを断った。

第三の結婚は、スコットランドの古城におけるキャリーの結婚式だった。チャールズは出席するが落ち込んでいた。レセプションでチャールズの友人のフィオナ(Kristin Scott Thomas)が、チャールズを長年愛してきた事を告白するが、彼は彼女の愛に報いる事は出来なかった。結婚式でチャールズの友人のガレス(Simon Callow)が心臓発作で突然亡くなる。

 ガレスの葬式があった。葬式でマシュー(John Hannah,これが最初の出演 )がW.H.Audenの「Funeral Blues」(”Stop all the clocks...”)を暗唱した。これは、ガレスとマシューがゲイ・カップルであることを仮定ではなく明確にしている。チャールズとトム(James Fleet)は真実の愛の自然について議論した。

第4の結婚はチャールズのもので、死にもの狂いのヘンリエッタとの結婚を決めた。しかし、結婚式で、彼は旦那から別居したキャリーと出会う。祭壇で司祭が、誰かこのカップルが結婚するべきではない理由を知っているものはいないか、と皆に聞いた時、チャールズの聾唖の弟のディビット(David Bower)が手話で、チャールズがヘンリエッタを愛していない、とアナウンスした。ヘンリエッタはチャールズをパンチし、式は急遽、中止された。

最後に、キャリーは、大失敗から回復したチャールズに出席した謝罪をする為に会った。チャールズは、ついに彼が生涯を共にしたいのは結婚する女性ではない、とわかったと告白する。彼は結婚したくはないが、キャリーのパートナーではいたいのだった。このカップルはそして決して結婚しないと誓った。

エンド・クレジットは他のキャラクターの将来を証明するモンタージュ写真を含んでいる。すべては彼らの個々の結婚の日々を見せている、風刺的にチャールズ王子と一緒なフィオナを除いて。結婚しないチャールズとキャリーは彼らの赤ちゃんとの幸せな写真であった。




いろいろな結婚の形がよく風刺されていると思います。見ていて楽しいです。ヒュー・グラントは、はまり役。この脚本家とよほど相性が良いのでしょう。



サウンド・トラック

オリジナルのスコアーはイギリスのクラッシック作曲家リチャード・ロドニー・ベネットだった。映画はポピュラーソングを含んだ大衆音楽のサウンドトラックで、15週間No。1ヒットで、9ヶ月イギリスで一番売れたシングルであるWetWetWetの「Love is All Around」を含んでいた。この歌は、のちに「Christmas Is All Around」になり、リチャード・カーティスの2003年の映画ラブアクチュアリーでビリー・マックによって歌われた。


撮影地

英国の各地が登場するにもかかわらず、ほとんどがロンドンとホーム・カウントリーで撮影されている。サリー州のベッチワース、バッキンガムシャー州のアメルシャムとエセックス州のウェスト・スロックなどである。スコットランドのシーン・セットでさえ、サリー州とハンプシャー州であった。


受賞
ゴールデン・グローブ賞
ゴールデン・グローブ賞ベスト・アクター 映画ミュージカル・コメディ ヒュー・グラント



クリスティン・スコット・トーマス(Kristin Scott Thomas,OBE、1960年5月24日生 )

イギリスの女優
コーンウォール州出身。実父も継父も飛行機のパイロットで、どちらも事故死している
19歳でフランスに移った。フランス人医師と結婚し、三児ある。
女優のセレナ・スコット・トーマスは妹。
ロンドンのセントラル・スクール・オブ・スピーチ&ドラマ及びパリの国立舞台芸術技術学院で学び、フランス語が堪能なので、自分が出演したフランス語版の吹き替えを自分自身でやることもある。
2003年大英帝国勲章受章。2005年レジオン・ドヌール勲章を受けている。
出演作品
* プリンス/アンダー・ザ・チェリームーン(1985)
* ハンドフル・オブ・ダスト A Handful of Dust (1988)
* 赤い航路 Bitter Moon (1992)
* フォー・ウェディング Four Weddings and a Funeral (1994)
* リチャード三世 Richard III (1995)
* イングリッシュ・ペイシェント The English Patient (1996)
* ミッション:インポッシブル Mission: Impossible (1996)
* モンタナの風に抱かれて The Horse Whisperer (1998)
* ランダム・ハーツ Random Hearts (1999)
* ゴスフォード・パーク Gosford Park (2001)
* 海辺の家 Life as a House (2001)
* ルパン Arsène Lupin (2004)



ローワン・セバスチャン・アトキンソン(Rowan Sebastian Atkinson、1955年1月6日生 )

イギリスのコメディアン・俳優・作家である。日本では英国テレビコメディの『Mr.ビーン(Mr.Bean)』で知られる。
また、本国ではBBC系番組の歴史シットコム『ブラックアダー(Blackadder)』のエドモンド・ブラックアッダー(Edmund Blackadder)役で有名である。
生い立ち
アトキンソンは英国北東部ダーラムのコンセット市のアングリカン人の農家であったエリック・アトキンソンとエラ・メイの子として生まれ、兄には率直な性格の欧州統合懐疑派であることで有名な政治経済コメンテーターでジャーナリストでもあるロドニー・アトキンソン(Rodney Atkinson)がいる。アトキンソンはセント・ビース学校、ダラム聖歌隊学校を卒業し、ニューカッスル大学で電子工学を専攻した。続いてオックスフォード大学ザ・クイーンズ・カレッジで理学修士として通っていたころ、1976年のエディンバラ・フリンジ・フェスティバル(エディンバラで行われたコメディなどの文化祭)で最初の成功を収めた。後にビーンシリーズで非常に大きな役割を果たす劇作家リチャード・カーチスや作曲家ハワード・グッドールと会い、OUDS(オックスフォード大学財団)やオックスフォード・レビュー(同大学のコメディ劇グループ)やETC(試験的劇場クラブ)で寸劇を披露した。
経歴
大学卒業後は、アトキンソンは喜劇俳優でテレビ司会者であるアンガス(Angus Deayton)を喜劇の引き立て役として連れ、巡回公演をした。テレビでの放映を皮切りに、スタンドアップコメディやラジオ出演、小説をも成功させていった。 1978年、彼はITV局によりシリーズドラマを提供したが、BBC系コメディテレビ番組に出演してからは、その視聴率獲得のためにITVへの提供を取りやめた。その番組とは友人のジョン・ロイドによって企画され、アトキンソンはパメラ・スティーヴンソン、グリフ・ジョーンズ、メル・スミスらと共演することになった1回25分間の寸劇集『Not the Nine O'Clock News』(9時のニュースではありません)である。アトキンソンは主要寸劇作家の一人となる。この番組の成功が中世を舞台にした歴史シットコム『ブラックアッダー(Blackadder)』の立ち上げに結びついた。アトキンソンのそのほかの有名な出演作と言えば、1988年初放映されたテムズテレビジョン局の30分特番だった『ミスター・ビーン(Mr Bean)』である。チャールズ・チャップリンの影響も受けている。 2003年には、毎週日曜日発刊の新聞The Observerに、イギリスコメディアンの中で最も面白い人ベスト50に入った。また、「コメディアンの中のコメディアン」を決める2005年の投票でトップ50にも入った。
映画活動
映画では『ラブ・アクチュアリー』などにも出演。とぼけた表情と、長い手足を駆使してシュールな笑いを作り出すコメディアンとして人気を不動のものにした。
広告活動
テレビコマーシャルにもよく起用され、日立の電化製品、富士フイルム(いずれもイギリスの企業として)や献血の宣伝での出演が目立った。特に、彼の映画の一つであるジョニー・イングリッシュ(Johnny English)をベースにした哀れで間抜けな代理人スパイとして登場し、長いシリーズを誇ったクレジットカード会社バークレーカードのコマーシャルが有名である。
私生活
* アトキンソンは1990年にサネトラ・サストリーと結婚した。ニューヨークシティのレストラン「ロシアン・ティー・ルーム」で密かに結婚式が行われた。現在はオックスフォードシャー州に住んでおり、リリーとベンジャミンという2人の子供がいる。
* 趣味は自動車で、かなりのコレクションを所蔵している。[1]ロールス・ロイスなどの高級車を所有するほか、スーパーカーやスポーツカーも所持しており、1990年には地元の自動車雑誌『Car』にアストン・マーティン・ヴィラージュの試乗レポートを寄稿していたほどだが、ダラスで行われたカーレースに自身のアストン・マーティンで出場し、カーブを曲がりきれずに約80km/hで防御壁に衝突して大破させたり、1999年10月には自身で購入したマクラーレンのスーパーカー「マクラーレン・F1」で乗用車に追突する事故[2]を起こし大破し全損させる等、運転技術はさほど高くは無いようである。ちなみにこの2つの事故でアトキンソンに怪我は無かった。
主な出演作
テレビ
* ブラックアダー シリーズ Blackadder (1983–1989)
* Mr.ビーン Mr. Bean (1990-1995)
* シン・ブルー・ライン The Thin Blue Line (1995-1996)
映画
* ネバーセイ・ネバーアゲイン Never Say Never Again (1983)
* 彼女がステキな理由(わけ) The Tall Guy (1989)
* ジム・ヘンソンのウィッチズ The Witches (1990)
* ホット・ショット2 Hot Shots! Part Deux (1993)
* フォー・ウェディング Four Weddings and a Funeral (1994)
* ライオン・キング The Lion King (1994) 声の出演
* ビーン Bean (1997)
* ラットレース Rat Race (2001)
* スクービー・ドゥー Scooby-Doo (2001)
* ジョニー・イングリッシュ Johnny English (2003)
* ラブ・アクチュアリー Love Actually (2003)
* Mr.ビーン カンヌで大迷惑?! Mr. Bean's Holiday (2007)(日本では2008年)

出典: Wikipedia
この記事のURL | 映画・恋愛 | CM(16) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。