2007 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2007 07
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
恋はデジャ・ブ
- 2007/06/13(Wed) -
恋はデジャ・ブ 恋はデジャ・ブ
ビル・マーレー (2007/02/16)
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
この商品の詳細を見る


恋はデジャ・ブ
原題: Groundhog Day--グラウンドホッグデー
アメリカ映画 1993年2月公開
監督・脚本: ハロルド・ライミス

興行成績は芳しくなかったが、
近年では隠れた名作としてビル・マーレイのキャリアを語る上でも
重要な作品になっている

とある一日を繰り返すことになってしまった男の悲喜劇である。

ストーリー
人気気象予報士フィル・コナー(ビル・マーレイ)は
田舎町(ペンシルバニア州パンクスタウニー)にローカル番組のロケで来た
毎年2月2日に、ウッドチャックが自分の影を見て冬眠するかどうかを決定し
その結果によって豊作を占うという聖燭節の祭、
田舎行事で彼には退屈で耐えられないし、当然身も入らない
嫌々ながら一日を終え、都会への帰途、天候の急変で田舎町に泊まることになった
彼を待っていたのは何一つ変わらない朝であった…


もう何回も観た作品です。飽きません。
細部にまで、凝っていて、何回もループする一日を、ビル・マーレーが
笑いにかえてくれます。街の人々の罪のない個性も面白いです。
名作でしょう。



キャスト
ビル・マーレイ(フィル・コナー)
アンディ・マクダウェル(リタ・ハンソン)他

メモ
ラフマニノフ - 主人公が滞在中に習ったピアノ曲が、
ラフマニノフの「パガニーニの主題による狂詩曲」


ビル・マーレイ William James "Bill" Murray , 1950年9月21日 生
アメリカ合衆国の俳優
イリノイ州シカゴ出身
9人兄弟で、彼を含めて4人が俳優になった
大学で医学を学ぶが退学し、兄に勧められて即興劇団に参加
1977年から1980年まで、NBCの人気バラエティ番組「サタデー・ナイト・ライブ」に
出演し人気を得る
近年はティム・バートン、ジム・ジャームッシュ、ソフィア・コッポラ、ウェス・アンダーソンなど、
個性的な監督の作品に出て高い評価を得ている
東京を舞台にしたソフィア・コッポラ監督の『ロスト・イン・トランスレーション』では、
アカデミー主演男優賞にノミネートされた

出演作品
トッツィー Tootsie (1982)
ゴースト・バスターズ Ghost Busters(1984)
リトルショップ・オブ・ホラーズ Little Shop of Horrors (1986)
3人のゴースト Scrooged(1988)
ゴーストバスターズ2 Ghostbusters II(1989)
恋はデジャブ Groundhog Day (1993)
恋に落ちたら… Mad Dog and Glory (1993)
エド・ウッド Ed Wood (1994)
知らなすぎた男 The Man Who Knew Too Little (1997)
ハムレット Hamlet (2000)
チャーリーズ・エンジェル Charlie's Angels (2000)
ロスト・イン・トランスレーション Lost in Translation(2003)
コーヒー&シガレッツ Coffee and Cigarettes (2003)
ライフ・アクアティック The Life Aquatic with Steve Zissou (2005)
ブロークン・フラワーズ Broken Flowers (2005)

受賞歴
2003年「ロスト・イン・トランスレーション」でゴールデングローブ賞 主演男優賞 (ミュージカル・コメディ部門)、
LA批評家協会賞(男優賞)、NY批評家協会賞(男優賞)受賞



アンディ・マクダウエルAndie MacDowell 1958年4月21日生
南カルフォルニア、ガフニー出身の映画女優
マクダウェルはウィンスロープ大学2年生の時に退学しエリート・モデル・マネージメントと契約
ロレアルのTVCMや広告に登場し、カルバン・クラインのTVCMシリーズがきっかけとなって、
1984年映画 Greystoke: The Legend of Tarzan, Lord of the Apesで、
グレン・クローズの代役としてデビュー。
1985年、St.エレモス・ファイアーの端役で出演。
4年後、スティーブン・ソダーバーグ監督のインディペンデント映画「セックスと嘘と.ビデオ・テープ」で話題となる。
その後、数々の話題作に出演。恋はデジャ・ブとフォー・ウェディングが出世作である。

出演作品
Barnyard (2006)
Tara Road (2005)
Crush (2001)
Harrison's Flowers (2000)
Four Weddings and a Funeral (1994)
Short Cuts (1993)
恋はデジャ・ブ (1993)
The Object of Beauty (1991)
Hudson Hawk (1991)
Green Card (1990)
sex, lies, and videotape (1989)
St. Elmo's Fire (1985)
Greystoke: The Legend of Tarzan, Lord of the Apes (1984)


出典: Wikipedia


スポンサーサイト
この記事のURL | 映画・コメディ | CM(2) | TB(1) | ▲ top
ロング・エンゲージメント
- 2007/06/13(Wed) -
ロング・エンゲージメント 特別版 ロング・エンゲージメント 特別版
オドレイ・トトゥ (2005/08/05)
ワーナー・ホーム・ビデオ
この商品の詳細を見る


『ロング・エンゲージメント』
ジャン=ピエール・ジュネ監督
フランス映画 公開は2004年
フランス語原題:Un long dimanche de fiançailles(婚約中の長い日曜日)
英語タイトル:A Very Long Engagement(とても長い婚約)
セバスチアン・ジャプリゾの小説(ISBN 4-488-14205-2)原作

第一次世界大戦の戦場(ソンム)で戦死したと見なされた婚約者を、
主人公の若い女性が必死に捜索する物語

ストーリー
第一次世界大戦中、フランス軍の五人の兵士が軍務を逃れるために故意に自傷したとして、有罪を宣告される
五人はフランスとドイツの塹壕線の中間地帯に追い出され、死に直面する
五人は全員戦闘に巻き込まれて死んだと見なされたが、
兵士の一人マネクの婚約者マチルドは希望を捨てず、
その戦場で実際に何が起きたのかを調査し始める
物語は、1920年代のパリやフランスの田舎(ブルターニュ)にいるマチルドの視点と、
大戦中の戦場のフラッシュバックを交えて進行する


長い作品です。3回位観て、やっと内容が解りました。いや、まだ解ってないかも…。
戦争の悲惨さを、ある意味、コミカルに描いています。
アメリにも登場した役者さんも多数出ています。
マネク役の役者さんは、ハンニバル・ライジングで注目されました。
ジョディ・フォスターが流暢なフランス語を喋っています。
自分を信じる事と、決して諦めない事を学べる作品です。


キャスト
マチルド:オドレイ・トトゥ
マネク:ギャスパー・ウリエル
シルヴァン:ドミニク・ピノン
ティナ・ロンバルディ:マリオン・コティヤール
エロディ・ゴルド:ジョディ・フォスター他

受賞
第77回アカデミー賞の2つの部門にノミネートされたが、受賞はなし。
アカデミー美術賞ノミネート
アカデミー撮影賞ノミネート

メモ
マチルドの婚約者マネクが何度も彫る「MMM」は、「Manech aime Mathilde」(マネクはマチルドを愛している)の略
フランス語で「aime」(愛する)は、Mの字と同じく「エム」と発音する
英語の字幕では「Manech's Marrying Mathilde」(マネクはマチルドと結婚する)と置き換えられた


ギャスパー・ウリエル(Gaspard Ulliel, 1984年11月25日 - )
フランス・パリ郊外出身の俳優。パリ第8大学(サン・ドニ)で映画を専攻。在学中から俳優としてテレビなどに出演、注目されるようになる。2004年の『ロング・エンゲージメント』ではセザール賞新人賞を受賞。ギャスパール・ユリエルとも。
2007年公開の『ハンニバル・ライジング』では、若き日のハンニバル・レクターを演じる。
主な出演作品
* ジェボーダンの獣LE PACTE DES LOUPS (2001)
* かげろう Les Égarés (2003)
* ロング・エンゲージメント Un Long Dimanche De Fiançailles (2004)
* パリ、ジュテーム Paris, je t'aime (2006)
* ハンニバル・ライジング Hannibal Rising (2007)



マリオン・コティヤール(Marion Cotillard、1975年9月30日 - )
フランスの女優。近年はハリウッドでも活躍する。
来歴
パリで生まれ、ロワレ県オルレアンで育つ。父親は俳優、母親は女優。弟が2人(双子)いる。両親の影響を受け、子供のころから舞台に立っていた。
オルレアンの演劇学校を首席で卒業し、18歳の時にテレビ映画に出演。その後、アルノー・デプレシャン監督の『そして僕は恋をする』や『TAXi』シリーズに出演して知名度を上げ、『TAXi』と『LES JOLIES CHOSES』ではセザール賞有望若手女優賞にノミネートされた。その演技力が認められ2003年にティム・バートン監督の『ビッグ・フィッシュ』でハリウッドデビューを果たす。
2004年公開の『ロング・エンゲージメント』でセザール賞助演女優賞を受賞。
2007年公開のフランス映画『エディット・ピアフ~愛の讃歌~』でエディット・ピアフ役を熱演。その演技力が高く評価され、ゴールデングローブ賞 主演女優賞 (ミュージカル・コメディ部門)などを受賞。アカデミー主演女優賞にもノミネートされた。
主な出演作品
* そして僕は恋をする Comment je me suis dispute...(ma vie sexuelle) (1996年)
* TAXi Taxi (1997年)
* TAXi2 Taxi 2 (2000年)
* フリア Furia (2000年)
* 銀幕のメモワール Lisa (2001年)
* 追いつめられて… 濡れ衣の女 Une femme piégée (2001年) ※テレビ映画
* 世界でいちばん不運で幸せな私 Jeux d'enfants (2003年)
* ビッグ・フィッシュ Big Fish (2003年)
* TAXi3 Taxi 3 (2003年)
* エコール Innocence (2004年)
* ロング・エンゲージメント Un long dimanche de fiançailles (2004年)
* プロヴァンスの贈りもの A Good Year(2006年)
* エディット・ピアフ~愛の讃歌~ La Môme (2007年)
主な受賞
* セザール賞
o 2004年度 助演女優賞 『ロング・エンゲージメント』
* ゴールデングローブ賞
o 2007年度 主演女優賞(ミュージカル・コメディ部門) 『エディット・ピアフ~愛の讃歌~』
* ロサンゼルス映画批評家協会賞
o 2007年度 主演女優賞 『エディット・ピアフ~愛の讃歌~』
* ボストン映画批評家協会賞
o 2007年度 主演女優賞 『エディット・ピアフ~愛の讃歌~』
* ハリウッド映画祭
o 2007年度 主演女優賞 『エディット・ピアフ~愛の讃歌~』
* リュミエール賞
o 2007年度 主演女優賞 『エディット・ピアフ~愛の讃歌~』



外部リンク
Un long dimanche de fiançailles(ワーナーのサイト、フランス語)
出典: Wikipedia
公式サイト



この記事のURL | 映画・ヒューマンドラマ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。