2017 03 ≪  04月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 05
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ヴィレッジ
- 2007/08/05(Sun) -
ヴィレッジヴィレッジ
(2006/07/19)
ホアキン・フェニックス、エイドリアン・ブロディ 他

商品詳細を見る


ヴィレッジ
原題:The Village
2004年製作アメリカ
監督・脚本 M.ナイト・シャマラン

20世紀に転換していこうとする孤立した村の活動とその村民の共通した恐れを描いている。

出演陣も豪華で、最後が圧巻です。悲しみがあり、そして歓びもある。現代について考えさせられる物語です。


キャスト
* ブライス・ダラス・ハワード Bryce Dallas Howard(アイヴィー・ウォーカー役)
* ホアキン・フェニックス Joaquin Phoenix(ルシアス・ハント役)
* エイドリアン・ブロディ Adrien Brody(ノア・パーシー役)
* ウィリアム・ハート William Hurt(エドワード・ウォーカー役)
* シガニー・ウィーバー Sigourney Weaver(アリス・ハント役)


ストーリー  ネタバレ注意

映画は小さな村の一人の子供の葬式から始まる。墓石にかかれた死亡日付は1879年だった。物語は、村人達が村の周りににある森にいる名もない怪物への恐怖を示しながら進行していく。彼らはオイル・ランプで境界をつくり、”語ってはならない物”を見張る為に常に見張る人を置く見張り台を立てていた。”語ってはならない物”と長い間、停戦協定があると説明され、村人達は森へは入らなかった。そして、怪物も彼らの村に入らなかった。その結果、皮を剥ぎ取られた小さな動物の死体が村に現れるようになる。

子供の死の後、ルシアス・ハント(ホアキン・フェニックス)は大人達(村を運営しているリーダー達)に「町」から医療提供を得る為に森を抜ける許可を申請した。
彼の要請は、却下され、後に彼は母親のアリス(シガニー・ウィバー)に町は、邪悪な人々が住んでいる邪悪な場所だと教え諭される。大人達が暗い秘密を黒い箱という形で中身を子供達から隠している事がわかる。ルシアスが短い探検を森でした後、怪物が赤い(村にとっては不吉な色)ペンキで村中のドアに警告を残した。

その一方で、アイヴィ・ウォーカー(ブライス・ダラス・ハワード)、村長のエドワード・ウォーカー(ウィリアム・ハート)の盲目の娘は、強い感情を抱いているとルシアスに知らせ、彼はアイヴィに愛情を抱くようになる。彼らは婚約し、しかし事は恐ろしく間違った方向に進んでいく。ノア・ペンシー(エイドリアン・ブロディ)、アイヴィとルシアスの友人で精神的障害がありアイヴィに惚れていたらしいので、嫉妬からナイフをルシアスに突き立て深く彼を傷つけた。

エドワードは村の他の長老に反して、アイヴィが森を通ってルシアスの為に薬を探してくる事を許す事に賛成する。彼女が去る前に第一の話の展開が現れる、エドワードが怪物の秘密について説明するときに―――それらは長老達が布で作ったものだった、子供達を一人残らず村から去らせない為に。彼は本当の怪物が森に住んでいるという噂について注意を促すのだった。

アイヴィが森を抜ける間、一匹の獣が突然彼女を襲ってきた。彼女は抜け目なく、獣を地面の穴に落とし、その落下でその獣は死んでしまうのだった。ここで、第二の展開が現れる―――その生き物は実はノアが鍵を掛けられた部屋の床下で見つけた、怪物の衣装を着ていたものだった。それは、ノアが動物の皮を剥いでいたという暗示でもあった。

アイヴィはついに森のへりまでたどり着き大きな壁に突き当たる。彼女がその壁を登りきった後に、最後の話の展開が現れる―映画は現代が舞台だったのだ。(2004年7月30日の日付の新聞のシーン;映画がリリースされた日)一人のケヴィンという名の森林警備隊員が「ウォーカー野生動物保護区域」とネイムが入ったランドローヴァ―を運転中に森の脇でアイヴィを見つけ、彼女が森から来た事にショックを受ける。しかしアイヴィの名前が「ウォーカー」なのを聞いて、彼女を助けようとする。

探していた薬を手に入れ、アイヴィが村に戻る。一連の出来事は長老達の信条の一部を内部分裂させ、彼らの過去のトラウマに関することも含まれている黒いボックスを開け、外の世界で生きていた記念を現す。



ストーリー・ライン解説

その村は実際には1970年代のいつかに建立されており、エドワード・ウォーカーがペンシルバニア大学のアメリカン・ヒストリーの教授だった頃に、彼の父親が暴力的な犯罪によって殺された後に、グリーフ・カウンセリングで会った人々に話を持ちかけた事を物語っている。彼の計画している一つの案に賛同してくれるか尋ねた。これらから村に成長したらしい…エドワードの父親の遺産から野生保護区域を購入し、その真ん中に人里離れた村、外部のあらゆるものから守られ、飛行機さえも(ケヴィンの上司、画面の反射からM.Night 自身が情報として、政府までも村を守るために買収され、森は非飛行区域に指定されている、と話している)村は長老達がいかに質素で平和な時を巻き戻そうとしていたかあらわしている。



批判

「ヴィレッジ」は、ほとんどが否定的なレビューで幕を開けた。ピューリツアー賞受賞の映画評論家、ロジャー・エバートは「ヴィレッジは巨大な計算違いであり、支えきれない仮定を基にしているし、仮定は見え透いていて、一笑にふするくらい、映画は致命的に厳粛ではない。エンディングは期待外れであり、クライマックスだけではなく冒頭の部分も侮辱している。それは全て夢だったという物語形式の独創性のはしごを一つづつ上っていく、安っぽい秘密である。機知に富んでいなくて、事実、我々が秘密を知っても、もはやその秘密を知りたくないと映画を巻き戻したかった。」。その時代の「邪悪」に適合する事についての疑問が浮上しており、それらのテーマに「立ち向かう」ことをしている、という解説もある。雑誌スレイトのマイケル・アガーは、シャマランは外側の論理を暴くときに密封された映画を分解するというパターンを続けていると解説している。

ファンも批評家も同じで、(おそらくわざと)見かけと中身の違った映画の宣伝キャンペーンは、ドラマやラブストーリーではなく、あたかもホラーのように描いており、それは批判的な評判にもなっている。映画は多くの崇拝者を持ってはいるが、著しくシャマランの仕事によって確立されたファンである。批評家のジェフェリー・ウェソッフは、欠点があるけれども映画を悪い映画だとする必要はなく、「シャマランのムードと恐怖の指揮は巧妙である」と述べている。

映画は、アイヴィ・ウォーカー役のブライス・ダラス・ハワードの演技もひかっており、オンライン映画批評協会他によって賞にノミネートされている。また、ニュートン・ハワードによるサウンド・トラックも幅広く賞賛されている。



興行成績
悪いレビューと急速な興行成績の落ち込みにもかかわらず、最終的には、114百万ドルを稼いだけれども、制作費に71.6百万ドルと宣伝広告費に40百万ドルがかかっているので、オープニング・ランで利益を出すのは失敗しているだろう。世界的に140百万ドルを集めに行かなくてはならなかった。



エピソード
*シャマラン監督作品の常として、彼自身がカメオ出演している。最後の方のシーンで、彼の声と反射した姿が確認できる。

*元々、「Woods」(森)というタイトルだったが、ラッキー・マッキー監督の「Woods」が先にあったため変更した。

*台本のコピーがリリースされる一年以上前に盗まれており、幾つかのインターネット・サイトで広くプレ・レビューされていた。

*撮影後にエンディングが変えられたようだった。俳優達は、5ヵ月後にまた呼び戻され、アイヴィが村へ戻り、ルシアスへの愛を取り戻したシーンを付け加えている。

*サイモン&シュッター、マーガレット・パターソン・ハデックスによる子供の本「時間から逃げ出して」(1995年)の出版社は、映画がその本の、大人達が村で1830年代のように暮らしている実際は1996年なのに、というアイデアを盗んでいる、とクレイムをつけた。

*2006年の映画「スカリームーヴィー4」では、ヴィレッジが幾つもパロディ化されていて、シャマラン監督作品はスカリームーヴィーシリーズではよくパロディー対象になっている。最初はシックス・センスで次がサイン(スカリー・ムヴィー3)



受賞
ASCAP Film and Television Music Awards
2005年 ASCAP Award受賞 Top Box Office Films,James Newton Howard

Evening Standard British Film Awards
2005年Evening Standard British Film Award受賞
Best Technical/Artistic Achievement
Roger Deakins
Also for The Ladykillers (2004)



ホアキン・フェニックス(Joaquin Phoenix, 1974年10月28日生 )
アメリカ合衆国の俳優。プエルトリコのサンフアン出身。
リーフ・フェニックス(Leaf Phoenix)という名前でも有名。名脇役として活躍している。
『グラディエーター』ではアカデミー助演男優賞にノミネートされた。
2006年の『ウォーク・ザ・ライン/君につづく道』では、アカデミー主演男優賞にノミネート。
ゴールデングローブ賞では、ミュージカル・コメディ部門の主演男優賞を獲得している。
両親が宗教団体「チルドレン・オブ・ゴッド」の宣教師だったため、幼少期には南米を転々とした。スペイン語を流暢に話す。
リバー・フェニックスの弟。姉のレイン・フェニックスは女優・歌手、妹のサマー・フェニックスも女優として活躍中。
兄同様、厳格なベジタリアン(ヴィーガン)で、撮影にどうしても必要だと納得しない限り、毛皮や皮も身につけないという。

出演作品
* スペースキャンプ SpaceCamp (1986)
* バックマン家の人々 Parenthood (1989)
* 誘う女 To Die For (1995)
* Uターン U Turn (1997)
* 秘密の絆 Inventing the Abbotts (1997)
* ムーンライト・ドライブ Clay Pigeons (1998)
* 8mm 8MM (1999)
* 裏切り者 The Yards (2000)
* クイルズ Quills (2000)
* グラディエーター Gladiator (2000)
* 戦争のはじめかた Buffalo Soldiers (2001)
* サイン Signs (2002)
* ブラザー・ベア Brother Bear (2002)
* 炎のメモリアル Ladder 49 (2004)
* ヴィレッジ The Village (2004)
* ホテル・ルワンダ Hotel Rwanda (2004)
* ウォーク・ザ・ライン/君につづく道 Walk The Line (2005)



エイドリアン・ブロディ(Adrien Brody, 1973年4月14日 生 )
アメリカ合衆国ニューヨーク市クイーンズ区出身の俳優。
略歴・人物
ハンガリーのフォトジャーナリスト・ジュルヴィア・プラヒー Sylvia Plachy と、退官したポーランド系ユダヤ人の歴史教授エリオット・ブローディ Elliott Brody のもとに生まれる。幼少の頃から母親のカメラの被写体になっていた。
エイドリアンが素行不良の友人と関係を持っていたため両親により強制的に演劇学校に入学させられ、1986年にテレビ映画でデビュー。それから数年経った1992年、オートバイを運転していたところ交通事故に巻き込まれリハビリに数ヶ月を費やす重傷を負った。
その後も高い演技力を武器にコンスタントに映画出演を重ね、2002年公開の映画『戦場のピアニスト』で実在したピアニスト、ウワディスワフ・シュピルマンを演じ、29歳という史上最年少でアカデミー主演男優賞を獲得した。ブロディは役作りのため数ヶ月意図的に引きこもり状態に自らを追い詰め、自らの住まいと愛車から距離を置いた。また、劇中音楽として使用されたフレデリック・ショパンのピアノ曲の演奏法を習得した。さらに13kgの減量を敢行した。ブロディは同作品で一躍世界的な知名度を獲得したが、彼をさらに有名にしたのはアカデミー賞受賞の際、プレゼンターを務めていたハル・ベリーに熱烈なキスをしたことである。また、アカデミー賞と並んで権威のあるセザール賞を受賞した初めてのアメリカ人となった。
『ヴィレッジ』での知的障害児ノア役から、『キング・コング』での知的な劇作家の役まで幅広くこなす演技力は高く評価され、容姿がユニークであることやメソッド演技を駆使することからマーロン・ブランド、アル・パチーノ、ロバート・デ・ニーロと比較される。
エピソード
『シン・レッド・ライン』では、映画時間の制限により、ブロディの出演は大幅にカットされている。
「A Ranger」名義でヒップ・ホップのプロデューサーをしている。また、トーリ・エイモスのミュージック・ビデオ「a sorta fairytale」に出演している。
手品が得意。テレビ映画『人質』の中でも披露している。
出演作品
* ニューヨーク・ストーリー New York Stories (1989) ※フランシス・フォード・コッポラ作品に出演
* わが街 セントルイス King of the Hill (1993)
* エンジェルス Angels in the Outfield (1994)
* サイバー・ソルジャー Solo (1996)
* 死にたいほどの夜 The Last Time I Committed Suicide (1997)
* ハード・デイズ Six Ways to Sunday (1998)
* レストラン Restaurant (1998)
* シン・レッド・ライン The Thin Red Line (1998)
* サマー・オブ・サム Summer of Sam (1999)
* リバティ・ハイツ Liberty Heights (1999)
* ブレッド&ローズ Bread and Roses (2000)
* マリー・アントワネットの首飾り The Affair of the Necklace (2001)
* ラブ・ザ・ハード・ウェイ~疑惑の男 ~Love the Hard Way (2001)
* ダミー Dummy (2002)
* 戦場のピアニスト The Pianist (2002)
* 歌う大捜査線 The Singing Detective (2003)
* ヴィレッジ The Village (2004)
* キング・コング King Kong (2005)
* ジャケット The Jacket (2005)
* ハリウッドランド Hollywoodland (2006)




ウィリアム・ハート(William Hurt, 1950年3月20日生 )
アメリカ合衆国ワシントンD.C.出身の俳優である。
大学で神学を学んでいたが俳優になることに決め、ニューヨークのジュリアード音楽院で演劇を学んだ。
1985年の「蜘蛛女のキス」でアカデミー主演男優賞とカンヌ国際映画祭男優賞を受賞。
フランス語も堪能で、フランス人女優サンドリーヌ・ボネールと暮らしていたこともある。
主な出演作品
* アルタード・ステーツ/未知への挑戦 Altered States (1979)
* 白いドレスの女 Body Heat (1981)
* 再会の時 The Big Chill (1983)
* ゴーリキー・パーク Gorky Park (1983)
* 蜘蛛女のキス Kiss of the Spider Woman (1985)
* 愛は静けさの中に Children of a Lesser God (1986)
* ブロードキャスト・ニュース Broadcast News (1987)
* 偶然の旅行者 The Accidental Tourist (1988)
* 殺したいほどアイ・ラブ・ユー I Love You to Death (1990)
* 最高の恋人 Mr. Wonderful (1993)
* スモーク Smoke (1995)
* ジェイン・エア Jane Eyre (1996)
* ロスト・イン・スペース Lost in Space (1998)
* 太陽の雫 Sunshine (1999)
* A.I. Artificial Intelligence: AI (2001)
* ヴィレッジ The Village (2004)
* キング 罪の王 The King (2005)
* ヒストリー・オブ・バイオレンス A History of Violence (2005)
* シリアナ Syriana (2005)
* グッド・シェパード The Good Shepherd (2006)



シガニー・ウィーバー(Sigourney Weaver、1949年10月8日生 )
女優。アメリカ合衆国ニューヨーク出身。身長180cm(182cmとの説もある)。
父親はテレビ局の重役、母親はイギリス出身の女優。
スタンフォード大学で英語を、イェール・スクール・オブ・ドラマで演技を学んだ。
『エイリアン』シリーズでのエレン・リプリー役で有名。
1988年『ワーキング・ガール』でゴールデングローブ賞 助演女優賞、
『愛は霧のかなたに』でゴールデングローブ賞 主演女優賞 (ドラマ部門)を受賞。
『エイリアン4』の宣伝で来日した際、TBSラジオ『伊集院光 深夜の馬鹿力』に遠藤久美子として出演したことがある。
主な出演作品
* アニー・ホール -Annie Hall (1977)
* エイリアン -Alien (1979)
* 危険な年 -The Year Of Living Dangerously (1982)
* ゴーストバスターズ -Ghost Busters(1984)
* エイリアン2 -Aliens (1986)
* ワーキング・ガール -Working Girl (1988)
* 愛は霧のかなたに -Gorillas in the Mist: The Story of Dian Fossey(1988)
* ゴーストバスターズ2 -Ghostbusters II(1989)
* エイリアン3 -Alien³(1992)
* 1492・コロンブス -1492: Conquest of Paradise(1992)
* デーヴ -Dave (1993)
* コピーキャット -Copycat(1995)
* 死と処女 -Death and the Maiden (1995)
* アイス・ストーム -The Ice Storm (1997)
* エイリアン4 -Alien: Resurrection (1997)
* グリム・ブラザーズ/スノーホワイト -Snow White: A Tale of Terror (1997)
* マップ・オブ・ザ・ワールド -A Map of the World (1999)
* ギャラクシー・クエスト -Galaxy Quest(1999)
* CIAの男 -Company Man (2000)
* ハートブレイカー -Heartbreakers (2001)
* 穴/HOLES -Holes (2003)
* ヴィレッジ -The Village(2004)


公式サイト

出典: Wikipedia
スポンサーサイト
この記事のURL | 映画・ミステリー・スリラー | CM(4) | TB(0) | ▲ top
ギフト
- 2007/07/23(Mon) -
ギフト ギフト
ケイト・ブランシェット、キアヌ・リーヴス 他 (2006/09/22)
ショウゲート
この商品の詳細を見る


ギフト
原題:The Gift
2000年米国
監督 サム・ライミ
脚本 ビリー・ボブ・ソーントン,トム・エパーソン

主人公アニー(ケイト・ブランシェット)が、彼女の透視能力によって、犯罪の目撃者になり殺人ミステリーに巻き込まれていく、超自然スリラーである。ストーリーが複雑でありながらも脚本にはしっかりと人間関係が描かれていて、悲しみの要素も含まれている。
他の出演者に、キアヌ・リーブス、ヒラリー・スワンク、ケイティ・ホームズなど。


ストーリー  ネタバレ注意

舞台は、ジョージア州ブリクストンの南部、アニー・ウィルソン(ケイト・ブランシェット)が町の占い師で生計を立てている。彼女はシングル・マザーで三人の子供がいる;夫は一年前にケーブル工場の爆発事故で死亡していた。映画は学校教師の婚約者ジェシカ・キング(ケイティ・ホームズ)が失踪するところから始まる。 アニーはジェシカが殺されて池に投げ込まれたヴィジョンを受け取る。彼女の身体は最終的にドニー・バークスディル(キアヌ・リーブス)という妻を虐待していて、その妻、ヴァレリー(ヒラリー・スワンク)がアニーに相談に来ていた男の池で見つかる。ドニーは、妻の相談にアニーが乗っていることに怒っていて、アニーと子供達を脅迫していた。ドニーは、殺人の容疑がかけられ、アニーの超能力の宣誓供述が弁護士に馬鹿にされたにも関らず、ドニーは有罪となり刑務所に入れられる。

わき筋として、バディ・コール(ジォバンニ・リビシ)の精神状態がある。彼は猛烈な父親への憎しみを持っており、一見、理由のない怒りである。バディは最後には、父親を殴り、火をつけてしまい、精神病院に連れて行かれる。

後になって、アニーはドニーが無実であるというヴィジョンを受け取る。ジェシカの元婚約者のウェイン(グレッグ・キニアー)と夜中、あの池へドライブに行った時、アニーはウェインが、ジェシカに騙された怒りで彼女を殺したのだと解る。ウェインがそれに気付きアニーを殺そうとするが、最後の一撃を食らわそうとしたその時に、バディ・コールが現れて、ウェインを倒す。バディとアニーは、ウェインをトランクに乗せ、警察署に行き、そこでウェインは罪を自白する。アニーがシェリフのパール・ジョンソンに池で起こったことを話した時、シェリフはバディ・コールがその日の朝早くに病院で首を吊った事を告げる。しかし、アニーは、まだ池から戻るときに返してもらったハンカチを握っていたのだった。映画は、アニーと子供達が亡き夫の墓に訪れているところで終わる。



キャスト
* ケイト・ブランシェットCate Blanchett (Annabelle "Annie" Wilson)
* ジョバンニ・リビシ Giovanni Ribisi (Buddy Cole)
* キアヌ・リーブスKeanu Reeves (Donnie Barksdale)
* ケイティ・ホームズKatie Holmes (Jessica King)
* グレッグ・キニアーGreg Kinnear (Wayne Collins)
* ヒラリー・スワンクHilary Swank (Valerie Barksdale)
* J.K. Simmons (Sheriff Pearl Johnson)


トリビア
*ボリウッドがリメイクして2004年公開「Rakht: What If You Can See the Future」出演Bipasha Basu, Sunil Shetty and Sanjay Dutt.

*この映画は、ビリー・ボブ・ソーントンの母親の超能体験に基づいている。

*この映画は、ケイティ・ホームズのトップレス・シーンで有名である。

*この映画の4人の出演者は、後に、アメコミ映画に出演している。
 ローズマリー・ハリスとJ.K.シモンズは、「スパイダーマン」に、
 ケイティ・ホームズは、「バットマン・ビギンズ」に、
 キアヌ・リーブスは「コンスタンティン」にそれぞれ出演している。


サム・ライミ(Sam Raimi、本名:サミュエル・マーシャル・ライミ〈Samuel Marshall Raimi〉、
1959年10月23日生 )
アメリカ合衆国ミシガン州出身の映画監督、映画プロデューサー、脚本家
ミシガン州立大学卒業
『死霊のはらわた』以降、いわゆるカルト映画の監督として人気を集めてきたが、
『スパイダーマン』シリーズで、さらに幅広い多くのファンを獲得する
コーエン兄弟の『ミラーズ・クロッシング』、スティーヴン・キング原作の『ザ・スタンド』『シャイニング』(両方ともテレビシリーズ)に出演してもいる
監督作品
* 死霊のはらわた The Evil Dead (1983)
* XYZマーダーズ Crimewave (1985)
* 死霊のはらわたII Evil Dead II (1987)
* ダークマン Darkman (1990)
* キャプテン・スーパーマーケット(死霊のはらわたIII) Army of Darkness (1993)
* クイック&デッド The Quick and the Dead (1995)
* シンプル・プラン A Simple Plan (1998)
* ラブ・オブ・ザ・ゲーム For Love of the Game (1999)
* ギフト The Gift (2000)
* スパイダーマン Spider-Man (2002)
* スパイダーマン2 Spider-Man 2 (2004)
* スパイダーマン3 Spider-Man 3 (2007)
プロデュース作品
* THE JUON/呪怨 The Grudge (2004)
* アメリカン・ゴシック American Gothic (1995) - TVシリーズ


ケイト・ブランシェット
(Cate Blanchett、本名:Catherine Élise Blanchett、1969年5月14日生 )
オーストラリア・ビクトリア州メルボルン出身の女優
略歴
父親はテキサス州出身のアメリカ人であり、ケイトが10歳の時に心臓発作により亡くなっている。母親はオーストラリア人。兄と妹がいる。祖先はフランス人。
メルボルンにあるメトディスト女子大学で演劇部の部長をしていた。1992年に国立演劇院を卒業。卒業後はシドニー劇団に在籍し、舞台女優として活躍。『Kafka Dances』でシドニー劇場批評家協会賞で新人賞を受賞。『オレアナ』で最優秀女優賞を受賞した。これはシドニー劇場批評家協会賞で史上初のダブル受賞であった。
1997年に『Paradise Road』で映画デビューを果たし、レイフ・ファインズと共演した『オスカーとルシンダ』で国際的な評価を得る。1998年『エリザベス』でエリザベス1世を演じゴールデングローブ賞 主演女優賞(ドラマ部門)を受賞。アカデミー主演女優賞にもノミネートされ、一躍世界のトップに躍り出る。
その後も、『理想の結婚』『ギフト』『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズなどに出演。その演技力で実力派女優としての地位を確立。2005年に『アビエイター』のキャサリン・ヘプバーン役を好演し、アカデミー助演女優賞を受賞。
私生活では、1997年に劇作家のアンドリュー・アプトンとロンドンで結婚。2001年に長男、2004年に次男を出産。2008年1月から夫と共にシドニー・シアター・カンパニーの共同芸術監督を担うことが決定している。
主な出演作品
* オスカーとルシンダ Oscar and Lucinda (1997)
* エリザベス Elizabeth (1998)
* 狂っちゃいないぜ! Pushing Tin (1999)
* リプリー The Talented Mr. Ripley (1999)
* 理想の結婚 An Ideal Husband (1999)
* 耳に残るは君の歌声 The Man Who Cried (2000)
* ギフト The Gift (2000)
* バンディッツ Bandits (2001)
* ロード・オブ・ザ・リング/旅の仲間 The Lord of the Rings: The Fellowship of the Ring (2001)
* シャーロット・グレイ Charlotte Gray (2001)
* シッピング・ニュース The Shipping News (2001)
* ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔 The Lord of the Rings: The Two Towers (2002)
* ヘヴン Heaven (2002)
* コーヒー&シガレッツ Coffee and Cigarettes (2003)
* ヴェロニカ・ゲリン Veronica Guerin (2004)
* ミッシング The Missing (2003)
* ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還 The Lord of the Rings: The Return of the King (2003年)
* アビエイター The Aviator (2004)
* ライフ・アクアティック The Life Aquatic with Steve Zissou (2005)
* バベル Babel (2006)
主な受賞
* アカデミー賞
2004 助演女優賞『アビエイター』
* ゴールデン・グローブ賞
1998 主演女優賞(ドラマ部門)『エリザベス』
* 英国アカデミー賞
1998 主演女優賞『エリザベス』
2004 助演女優賞『アビエイター』



ヒラリー・スワンク(本名、Hilary Ann Swank, 1974年7月30日 -)
アメリカ合衆国の女優。ワシントン州ベリンガムの出身
幼い時は、トレーラーハウスの中で育った。『ボーイズ・ドント・クライ』で最初のアカデミー主演女優賞を受賞した時のインタビューに答えて、その生い立ちを話して以来、不幸だった子供時代の話は一切秘密にしないで公表している。
プライベートでは真面目な性格、非飲酒者、非喫煙者、ヴェジタリアン(10代半ばから、近年はごくたまに魚は食べるとの説も)であることも知られる。1997年に俳優のチャド・ロウと結婚するが、2006年離婚。
2000年に『ボーイズ・ドント・クライ』、2005年に『ミリオンダラー・ベイビー』で2度、アカデミー主演女優賞を獲得している。
2007年1月に2325人目の「ウォーク・オブ・フェイム」に選ばれた。 

主な出演作品
* バッフィ/ザ・バンパイア・キラー Buffy the Vampire Slayer (1992)
* ベスト・キッド4 The Next Karate Kid (1994)
* ボーイズ・ドント・クライ Boys Don't Cry (1999)
* ギフト The Gift (2000)
* マリー・アントワネットの首飾り The Affair of the Necklace (2001)
* インソムニア Insomnia (2002)
* ザ・コア The Core (2003)
* ミリオンダラー・ベイビー Million Dollar Baby (2004)
* ブラック・ダリア The Black Dahlia (2006)
* リーピング The Reaping (2007)
* フリーダム・ライターズ Freedom Writers (2007)



出典: Wikipedia
この記事のURL | 映画・ミステリー・スリラー | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。