2017 06 ≪  07月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 08
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
レディ・イン・ザ・ウォーター
- 2007/06/04(Mon) -
レディ・イン・ザ・ウォーター 特別版レディ・イン・ザ・ウォーター 特別版
(2007/01/26)
ポール・ジアマッティ

商品詳細を見る



原題:Lady in the Water
2006年7月アメリカ公開
アメリカ映画
監督 M・ナイト・シャマラン
ファンタジー作品

第27回ゴールデンラズベリー賞
最低監督賞・最低助演男優賞(シャマラン本人)の2部門受賞

出演
ポール・ジアマッティ
ブライス・ダラス・ハワード
M・ナイト・シャマラン他

一般的に、悪評が高かった作品ですが、私的には、Bed time storyという、おとぎ話の世界観と、一癖も二癖もあるアパートの住む住人達の取り合わせが面白かったです。云われている通り、落ちはありませんが、充分楽しめる作品だと思います。


ポール・ジアマッティ Paul Giamatti 1967年6月生
アメリカ合衆国コネチカット州ニューヘイブン出身の俳優
父親はイェール大学の学長、ポール自身もイェール大学で学ぶ(ジアマッティの出身地ニューヘイブンはイェール大学の所在地)
在学中より舞台に立ち始め、卒業後もブロードウェイなどの舞台に出演したり、テレビに出演するようになった
1992年に映画デビュー
初めての大きな役はハワード・スターンの「プライベート・パーツ」
その後、数多くの話題作に脇役で出演するようになり、その演技力は高い評価を得ている
特に「アメリカン・スプレンダー」と「サイドウェイ」は評価が高い
翌年の「シンデレラマン」では見事に助演男優賞の候補にあがった
2006年にはM・ナイト・シャマラン監督作「レディ・イン・ザ・ウォーター」に主演
出演作品
判決前夜/ビフォア・アンド・アフター Before and After (1995)
ベスト・フレンズ・ウェディング My Best Friend's Wedding (1997)
交渉人 The Negotiator (1998)
トゥルーマン・ショー The Truman Show (1998)
プライベート・ライアン Saving Private Ryan (1998)
クレイドル・ウィル・ロック Cradle Will Rock (1999)
マン・オン・ザ・ムーン Man on the Moon (1999)
デュエット Duets (2000)
ストーリーテリング Storytelling (2001)
PLANET OF THE APES 猿の惑星 Planet of the Apes (2001)
ペイチェック 消された記憶 Paycheck (2003)
サイドウェイ Sideways (2004)
シンデレラマン Cinderella Man (2005)
ロボッツ Robots (2005)
レディ・イン・ザ・ウォーター Lady in the Water (2006)



ブライス・ダラス・ハワード Bryce Dallas Howard 1981年3月生 
アメリカ合衆国の女優。ミドルネームは出身地であるテキサス州ダラスに由来
父親は映画監督のロン・ハワード
舞台女優としてシェイクスピアやチェーホフの舞台に立っていた
映画女優としての本格出演作品は映画『ヴィレッジ』で、この映画で主役の座に抜擢。後に同作と同じくM・ナイト・シャマランが監督した『レディ・イン・ザ・ウォーター』にも出演した
主な出演作品
アポロ13 Apollo 13(1995)
ヴィレッジ The Village (2004)
レディ・イン・ザ・ウォーターLadie in the Water(2006)
お気に召すまま As You Like It (2006)
スパイダーマン3 Spider-Man 3 (2007)


M・ナイト・シャマラン M. Night Shyamalan 1970年8月6日生
アメリカの映画監督、脚本家
インドのポンディチェリーの医師の家系生まれ、
幼少の頃にアメリカ・フィラデルフィアへ移住
8才の時両親から8ミリカメラをプレゼントされて映画を撮り始め、その後ニューヨーク大学に進学して映画製作を学ぶ
1998年、『翼のない天使』でメジャー進出、続く『シックス・センス』の興行的成功で一躍有名に
その後の監督作は過度の期待にさらされたため決して評価は高くないものの、常に高度な実験精神と深謀に満ちた演出に徹する姿勢を崩さず、米映画界において異彩を放ちつづける
ちなみに『翼のない天使』は1995年に製作されたものの、公開は1998年
アルフレッド・ヒッチコック監督のように自分の監督する映画では必ず脇役で出演
しかし、ヒッチコックとは異なり、台詞のある役を演じることが多い
『サイン』、『レディ・イン・ザ・ウォーター』ではストーリーラインに大きく絡む役を演じる
代表作品
1992年『Playing with Anger』(脚本・監督)
1997年『Lobor of Love』(脚本)
1997年『翼のない天使』(脚本・監督)
1999年『シックス・センス』(脚本・監督)
1999年『スチュアート・リトル』(脚本)
2000年『アンブレイカブル』(脚本・監督)
2002年『サイン』(脚本・監督)
2004年『ヴィレッジ』(脚本・監督)
2006年『レディ・イン・ザ・ウォーター』(脚本・監督)

*絵本*
LITW


出典: Wikipedia
公式サイト  


スポンサーサイト
この記事のURL | 映画・ファンタジー | CM(2) | TB(1) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。